たこさん's 雑記&日記

ゲームの話を中心に、日々思ったことなどを書き綴っています。モンスターハンターとPCゲーム(銀色シール付き)、ボードゲームの話がメイン。
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  web拍手
スカル (Skull)スカル (Skull)
()
Lui-Meme

商品詳細を見る


髑髏と薔薇、というタイトルで以前出ていた作品のリメイク作品です。

各人、薔薇3枚、髑髏1枚のディスクから1枚ずつ、順番に自分の場に出していく。
全員1枚ずつ置いた後は、さらに順番に1枚ずつ場に出していくか、
あるいはドクロをめくらずに何枚薔薇をめくれるかのチャレンジを宣言するかのどちらかを行う。
誰か一人がチャレンジをしたら、後は何枚めくるかの競りになり、
一番多い枚数をコールした人が、実際にディスクをめくるチャレンジを行う。

まずは自分のディスクをすべてオープンし(この中にドクロが入っているともちろん失敗)
そのあと、足りない分他の人のディスクを(自由に)開けていく。
ドクロをオープンせずに指定枚数薔薇のディスクを開けられたらチャレンジ成功。
ドクロが出るとチャレンジ失敗。
失敗すると、手持ちのディスクからランダムで1枚失うこととなる。
チャレンジが2回成功すると勝利、というゲーム。

早々に競りから降りると、ドクロ置いてるんじゃないかとバレる可能性もあるが
かと言ってヘタにコールして自分がチャレンジすることになると自爆になるし・・・と
どこでドクロを置くか、他の人はどう置いているかの駆け引きが楽しいブラフゲームでした。

SKULL_20140104-01.jpg
4枚目でドクロが出ちゃいましたの図。

SKULL_20140104-02.jpg
こちらは手前の自分がチャレンジした際の様子、2枚目でさっそくドクロ引きましたw

4人でやったので、最低4枚置いた状態から、後は追加で積まれた枚数分だけ
限界値が増えていくわけですが、結構みんな早い段階から勝負するなー、という印象でした。
それでもたまに2順くらいディスクを置いていく形になり、
6枚とかのチャレンジが成功したりすると嬉しいですね。
また、チャレンジ失敗でディスクを失うペナルティはなかなか痛い。
4枚すべて失うとゲームから脱落するというのもあるのですが、

・ドクロのディスクを失うと、他の人をジャマする駆け引きがやりづらくなる。
・1~2枚だけ残った後、すべて公開する事があると手の内がバレてしまう
・手持ちのディスクすべておいた後に手番が回ってくると、強制的にチャレンジをコールすることになる

などのデメリットがあって、少なくなるに従い加速度的に追い詰められてくる感じがしてなかなかに辛い。

しかし、勝利条件はチャレンジ2回成功、なので勝負には出ざるを得ないんですよねー

どのタイミングでドクロを置くか、あるいは全部薔薇を置くか
コールすべきか降りるべきか(自分がドクロ置いてても、ブラフで他をはめるためにコールする等も)
など、色々なジレンマが楽しめるゲームですね。

しばらく買おうかどうしようか考えていた作品でしたが、これは当たりかなーと思いました。
1回30分ないくらいで終わることが多いですし、手軽に遊べるゲームとしていいですね。
スポンサーサイト

  web拍手
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tksnnikki.blog113.fc2.com/tb.php/501-d8463a89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。