たこさん's 雑記&日記

ゲームの話を中心に、日々思ったことなどを書き綴っています。モンスターハンターとPCゲーム(銀色シール付き)、ボードゲームの話がメイン。
管理者ページ 
キャラメルBOXさんの新作(つーてももう発売1ヶ月経ってますが)
「ボクの手の中の楽園」やってました。

ボクの手の中の楽園 初回版ボクの手の中の楽園 初回版
(2009/03/27)
Windows

商品詳細を見る

設定等詳細はメーカーさんのホームページでどぞ。
キャラメルBoxホームページ

直前にやっていたのが大作?というかシナリオの尺の長いW.L.Oだったせいもあり
「あっさり終わるなぁ」という印象ですね。
いやまぁ、W.L.Oのはムダに長いという気がしないでも・・ゲフゲフ

とりあえず冒頭で挙げることといえば
・ほしまるさんのファンタジーシナリオの雰囲気が良いデス
・ヒロインみんなギャップ萌え~

ってところ。

舞台となる離島の町並み、そこを治める領主の存在と町を守る騎士の存在。
「あちら」の存在を召還し使役する魔術師の存在などなど。中世に似せた舞台設定。
シャマナシャマナの世界観を持ってきている感じです。
魔術というものが一般人には馴染みのない、ごく一部のものという背景を考えると
同一世界の別時代、別の場所でのお話という感じになりそうです。

お話については・・・
シナリオ量はちょっと少なめ。初回で十時間程度
2人目からはルート分岐後のみ読み進めて3~4時間程度といった感じ。
短いながらもそれなりに起承転結がしっかり書けてる印象で
内容としては悪くはないかなと思います。
個人的には物語全体を漂うファンタジーな雰囲気が好きですね。
シャマナシャマナをプレイ済みで、それと類似した世界観だから
馴染みやすいというのもあるのかも知れませんが、この世界観は良いです。

主人公が記憶喪失ながらも人あたりがよく笑顔の良い人物なため
いつの間にか女性だらけの騎士団で補佐官させてもらえていますが
「なんという女運の良いヤツなんだ・・」と思う部分もあり。
周りが騎士の強いおなごさんだらけだから「ハーレムじゃ~」とはなりませんがw
(そもそもそういう人物なら信用されてないですね)

記憶喪失で漂着した主人公=彼の記憶がお話のキーになりそうというのは
まぁ予想できることかな、と。
少しずつ記憶を思い出していき、物語の深層が明らかになるのですが
ルートによって判明する情報に結構な差異があります。
そこを見る限り、テアルートが真ルートに近い感じですね。
他3ルートはその脇を埋めるような形で色々と分かるようになってます。
ただ、未消化の伏線があちこちに見られるんで、できれば回収はしていって欲しかったな。
若干「これはどうなったんだ?」と謎が残って後味悪くしているかも。

音楽について
シャマナシャマナと同様でZIZZ STUDIOが担当してます。OP曲もいとうかなこさんです。
曲調も前作を意識したのでしょうね。世界観と合ってて良いなぁと思います。

キャラ、絵など
とりあえずいいたいことが1点。
「テアさまなんであんなに堂々とパンチラ(あれだけ見せてるとパンモロ?)してるんだYO!」
あんなに頻繁に見せてるとありがたみが・・ゲフンゲフン。
原画のクロサキさん、ちょっと絵柄変わったのかな?などと思いますが
アリスマ以来だからちょっとそのへんはなんとも言えないかな。
テキスト内で脱ぎ去ったはずの衣服がイベントCG内でずーっと着たままになってるのは
ちょっとどうよと思いましたが、、打ち合わせ不足かな?

Hなシーンについて。
各キャラ2回ずつ(1名だけ3枠ですが)なんですが・・
セルフバーニングや偶然見ちゃいましたなシーンがうち1枠を埋めるキャラ多し。
実質1回だけと思ってもらって良い。
そちら方面に期待するメーカーではないけど、ちと少ないんじゃないかな。

各キャラについて。
・テア
なんといっても団長の顔と家での様子のギャップでしょう。
凛々しい姿と家での息が抜けたズボラな・・もとい無頓着な姿との落差が良いです。
ユウによる餌付け作戦進行中なのですw

・エリノア
一歩引いた立場の孤高の騎士。
なんですけど・・ルートに入ってユウと距離が近づくとえらくガードが崩れますね。
内側に入ってしまうとあれほどデレるとは・・。

・クリス
一番年下で勤勉でまじめで本の虫っぽい。
ああみえて実は・・・。うん、ちょっと伏せておきますね。

・ティム
簡単に見破られる男装をしてる変な方。
大雑把な言動とその奥に垣間見える心との差異を楽しみましょう(ぇ


総評:★★★☆ 3.5点
小粒だけど無難な出来かなと思います。
ファンタジーならではの舞台の深層に眠る背景、
騎士団の面々と主人公の短いながらも濃い付き合いが良い作品だと思います。

さて、これで3月分ラストのバルドスカイに突撃できます。
まぁ一月経っちゃって今更~なのかも知れませんが。

  web拍手
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tksnnikki.blog113.fc2.com/tb.php/47-2a5f5cce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック