たこさん's 雑記&日記

ゲームの話を中心に、日々思ったことなどを書き綴っています。モンスターハンターとPCゲーム(銀色シール付き)、ボードゲームの話がメイン。
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  web拍手
軽めのボードゲーム(カードゲームか)として、6ニムトとハゲタカのえじきを持ってった。
どちらもシンプルなルールで、ゲームをあまりしない方にも楽しんでもらえる作品かな。
今日もとりあえずは楽しんでもらえたようでGoodでした。


■6ニムト
簡単にいうと、6枚目になっちゃダメよってゲーム。

<概要>
簡単なルールで10人まで楽しめる、カードゲームの決定版!!
テーブルにはカードの列が4つあります。
プレーヤーは、自分の手札から出すカードを1枚選び、全員一斉にそのカードを表向きにします。
出されたカードをルールに従って、小さい順に対応する列に並べていきます。
でも一つの列には5枚までしか置けず、6枚目になるカードを出してしまった人は、
その列にあった5枚のカードを引き取らなければなりません!
カードには1頭~7頭の牛のマークが描かれていて、この牛の数がマイナス点になってしまいます。
のろまな牛を一番多く引き取ってしまうのは誰でしょう?
(以上、箱裏面の説明より)

自分の出すカードが、列の6枚目にならないように、カードを出していくゲーム。
全員一斉にオープンするところが肝で、他の人の出したカード次第では
5枚目に滑り込むはずが6枚目になって5枚分引き取りとなったり、
置こうと思っていた列が先に回収、更新されていて置ける条件から外れてしまったりと
思い通りに行かないことがあります。
他の人がどのあたりの数字を出しそうか、
それに対してどの数字を出せばペナルティを受けずに切り抜けられるか、
そのあたりで悩むゲームです。
危険地域が増えてきた頃の、ひりつくような緊張感が楽しいゲーム。

なので、一度に場に出るカード枚数が大目の方が場が荒れて面白いのかなと思います。
今回は3人でやりましたが、4人~くらいが良いのかも。
ゲーム自体は2人~10人まで対応。間口の広いことで。これもこのゲームの良い点の一つかな。

(プレイ感想)
今回は3ラウンドほど回してみて、それぞれ順位がばらけた感じだったかな。
勝ったり負けたりでちょうどよかったのかな、と思います。
数字を見間違えて、6枚目になるカードを出してしまい自爆とか
小さい数字を出して最小限の傷で降りるつもりが、それを連発したせいで結果牛さん一杯になったりとか
色々とドラマがあって面白かった。


まぁこのゲームの本領は、4人~あたりだと思うので(お互いの札の干渉が激しくなるという意味で)
人数多めに集まったときの、ちょっとしたパーティーゲーム的なものになるのかな。


■ハゲタカのえじき
こちらも簡単なルールで、互いの干渉が面白いカードゲーム。

<概要>
手札を使ってプラス点のネズミカードを奪い合います。
ハゲタカカードを取ってしまうとマイナス点になってしまいます。
ネズミカードを取るためにも、ハゲタカカードを取らないようにするにも、強いカードが必要です。
しかし、強いカードも出すタイミングが悪いと無効になってしまいます。
誰でもすぐ分かる簡単なルールで、奥の深い楽しいゲームです。
(以上、日本語訳版マニュアル冒頭より)


各自、1~15の15枚の手札を持ち、ネズミカードを取り合うゲーム。
取り合う得点カードは、1~10の得点がついたネズミカード10枚、
-1~-5のペナルティがついたハゲタカカードが5枚の計15枚。
手札の数字は、数字が大きい方が強いカード。
15回の勝負があるので、弱いカードもどこかで必ず使わなければいけないところがポイント。

得点カードの取り合いは
プラスのカード(ネズミ)⇒一番大きい数字を出した人がGet
マイナスのカード(ハゲタカ)⇒一番小さい数字を出した人が引き取り

だが、「同じ数字を出した人がいる場合、その数字は無効になる」ルールがあるため
強いカードを出したのにかち合って勝てなかったり、
低い数字を出したのに、上がぶつかりあってタナボタで点数カードをもらえたりするのが面白いです。
これも、他の人がどのカードを使って、どれが残ってるのかカウントできると強そうですが・・
まぁ私の頭じゃ無理っぽいw 重要カードだけ覚えて、あとはなんとなくでいいんですよきっとww


(プレイ感想)
今回は2戦ほどやってみたわけですが(3名プレイ)
マイナス点が出たときに限ってやたらと出す数字が合って、
残り一人の手元にマイナスが流れて悲鳴を上げさせたり
最後2枚の使う順番をミスって、数字がかち合ったせいで高得点を取り逃して1位を逃したり
3人でもまぁまぁ数字のバッティングが出ていて面白かったです。

このゲームは、2~5人になっていますが、4人か5人だとあちこちでバッティングして
さぞかし面白いことになるんではないかな~と予想してます。
一度実際にやってみたいところ。


今日のはどちらも、ライトな遊び方のできるゲームでした。
箱も小さめで持ち運びが楽ですし、こういうゲームをやらない人たちの場に出しても
それなりにいけるんじゃ、と思うのですが・・・どうなんでしょうかね、実際のところは。
スポンサーサイト

  web拍手
コメント
この記事へのコメント
いつもどうもです~

そのふたつは「ごきぶりポーカー」同様、非電源系の中でも比較的ライト層にウケそうな感じだと思います。

例えるならウノみたいに旅行先でワイワイやるのにむいてそうなゲーム?

ドミニオンやカタンは名作ですし、個人的にはこの二つの方が面白いと思うし好きですが、「とっつきやすさ」では今日やったふたつには負けますね。

2010/06/23(水) 10:14:46 | URL | うめぐり #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tksnnikki.blog113.fc2.com/tb.php/247-ef8d845a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。