たこさん's 雑記&日記

ゲームの話を中心に、日々思ったことなどを書き綴っています。モンスターハンターとPCゲーム(銀色シール付き)、ボードゲームの話がメイン。
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  web拍手
年末年始のお休みを利用して、友人と卓を囲んで遊びました。

4人とかでやりたいなーと思っていたアンドールの伝説やら遊べましたし個人的には楽しかったなーと。
別エントリで先に書いた、今回初お目見えのSKULLが当たりだなーという感じでした。

やったのは、

・アンドールの伝説(導入~シナリオ2まで)
・ボーナンザ
・パンデミック
・SKULL
・FABFIB

でした。アンドールの伝説がやはり時間かかってたかなー。
重めのゲームだったので、最初のうちにやっておいたのは正解だったらしい。

しかし、こいつでこのザマなので、ディセント第2版とか出したらもっとひどいことになってたんだろうなぁ(遠い目



  web拍手
スカル (Skull)スカル (Skull)
()
Lui-Meme

商品詳細を見る


髑髏と薔薇、というタイトルで以前出ていた作品のリメイク作品です。

各人、薔薇3枚、髑髏1枚のディスクから1枚ずつ、順番に自分の場に出していく。
全員1枚ずつ置いた後は、さらに順番に1枚ずつ場に出していくか、
あるいはドクロをめくらずに何枚薔薇をめくれるかのチャレンジを宣言するかのどちらかを行う。
誰か一人がチャレンジをしたら、後は何枚めくるかの競りになり、
一番多い枚数をコールした人が、実際にディスクをめくるチャレンジを行う。

まずは自分のディスクをすべてオープンし(この中にドクロが入っているともちろん失敗)
そのあと、足りない分他の人のディスクを(自由に)開けていく。
ドクロをオープンせずに指定枚数薔薇のディスクを開けられたらチャレンジ成功。
ドクロが出るとチャレンジ失敗。
失敗すると、手持ちのディスクからランダムで1枚失うこととなる。
チャレンジが2回成功すると勝利、というゲーム。

早々に競りから降りると、ドクロ置いてるんじゃないかとバレる可能性もあるが
かと言ってヘタにコールして自分がチャレンジすることになると自爆になるし・・・と
どこでドクロを置くか、他の人はどう置いているかの駆け引きが楽しいブラフゲームでした。

SKULL_20140104-01.jpg
4枚目でドクロが出ちゃいましたの図。

SKULL_20140104-02.jpg
こちらは手前の自分がチャレンジした際の様子、2枚目でさっそくドクロ引きましたw

4人でやったので、最低4枚置いた状態から、後は追加で積まれた枚数分だけ
限界値が増えていくわけですが、結構みんな早い段階から勝負するなー、という印象でした。
それでもたまに2順くらいディスクを置いていく形になり、
6枚とかのチャレンジが成功したりすると嬉しいですね。
また、チャレンジ失敗でディスクを失うペナルティはなかなか痛い。
4枚すべて失うとゲームから脱落するというのもあるのですが、

・ドクロのディスクを失うと、他の人をジャマする駆け引きがやりづらくなる。
・1~2枚だけ残った後、すべて公開する事があると手の内がバレてしまう
・手持ちのディスクすべておいた後に手番が回ってくると、強制的にチャレンジをコールすることになる

などのデメリットがあって、少なくなるに従い加速度的に追い詰められてくる感じがしてなかなかに辛い。

しかし、勝利条件はチャレンジ2回成功、なので勝負には出ざるを得ないんですよねー

どのタイミングでドクロを置くか、あるいは全部薔薇を置くか
コールすべきか降りるべきか(自分がドクロ置いてても、ブラフで他をはめるためにコールする等も)
など、色々なジレンマが楽しめるゲームですね。

しばらく買おうかどうしようか考えていた作品でしたが、これは当たりかなーと思いました。
1回30分ないくらいで終わることが多いですし、手軽に遊べるゲームとしていいですね。

  web拍手
人狼オフ会に参加した翌日、
今度はいつものようにU氏、N氏、W氏と途中からH氏も来てゲーム会。

やったゲームは・・・

・豆・・・もといボーナンザ
・ビッグチーズ
・それは俺の魚だ!
・サンダーストーン
・ピラニアペドロ

大体こんなところでした。
時間あんまりないの分かっていた+やれればアグリコラやりたかったので
展開したのは割と軽そうなゲームたちでした。

結局アグリコラ出す機会なかったのは残念でした。
(長いから)メンツ選ぶゲームしまた機会見つけてやりたいですね。

  web拍手
友人たちと、東京で開催した人狼オフ会というものに参加してきたです。
本当はもうちょっと早く書くつもりでしたが、やる気ゲージ0状態で遅れてました。


人狼っていうと、ブラウザとかIRCとかでやるイメージが強い(?)ですが
今回のこれは一箇所に集まって対面で人狼(タブラの狼だったかな?)をやるという集まりです。

場所はJR中央線の大久保駅から歩いて少しの、ゲームスペース柏木というところ。
自分としては人狼会というよりは木ドミのやってる場所というイメージの方が大きいところです。
場所も詳しくは分からなかったので、駅集合で連れて行っていただきました。
いつか、木ドミにも顔を出してみたいなー。

人狼ゲームはやったことがなく、ワンナイト人狼を少しやったことがある程度でしたが
やはりかなり頭を使うというか、人の話してる内容や、しぐさなどを
リアルタイムに判断しないといけないので疲れるなー、という印象です。
人狼側で勝てたのが1回だけあり、それはうれしかったですが。
ずっと潜伏というか、あまり議論に参加できず黙ってた側で
占い騙りをしていたU氏が頑張ってくれたなーという感じでしたね。


あとは、ハムスター人間とか、キューピッド&恋人とか
第3、第4陣営が出てくるとかなりカオスな場になるなぁと。
一度占い師&恋人陣営という立場になり、どう動けばいいのかよく分からなかったよー。
結局普通の占い師として動き、人狼側を殲滅して勝つ方向に期待したが
中盤くらいで狼にかまれてジ・エンド。
狼2人まで見つけて退治させられたので、人陣営のサポートをした結果になったようなw
偽占い氏の口車に乗せられ、次の占い予定先を言ってしまったのが運の尽きだったのかもなぁ。
そのときちょうど2人いる(=どちらか偽者)の狩人の片方(しかも実は狼さんでした)を
占う予定だーと言っていたような気がしますし。
こちら視点で2人黒(=狼)を当てて吊ってもらった後に、3人目を指定するよーといったら
そりゃ占い結果言う前に食われるわw


結局のところ、あまり議論に参加できなかったというか、
口を挟めなかった感じで、役に立ってないなー感が半端ないです。
うん、やはり難しいわー。
セオリーとか色々理解しておかないと、議論の窓口にも立てない感じになりそう。
またやるなら、もっと精進しないといけませんなぁ。

今回は完全に考えることのキャパシティを超えていたような感じでした。
小ぶりのノートとペンでも持っていって、占い結果や心霊術結果など書いていって
考える際の手がかりにするのもいいかもなぁ。覚えきれないし毎度頭を整理するのも大変でした。


どうも毎月くらいでやってるみたいだが、また参加するかどうかは・・・うーん微妙。
タイミングが合えばまたチャレンジしてみてもいいかなぁ?

  web拍手
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。