たこさん's 雑記&日記

ゲームの話を中心に、日々思ったことなどを書き綴っています。モンスターハンターとPCゲーム(銀色シール付き)、ボードゲームの話がメイン。
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  web拍手
Lump of Sugerの作品、プリズムリズムをやってみました。

プリズムリズム -PrismRhythm-プリズムリズム -PrismRhythm-
(2010/05/28)
Windows

商品詳細を見る


商品紹介とかは面倒くさいのでこちらへどぞ。⇒PrismRhythm -プリズムリズム-(公式HP)


「大樹と水のヒーリングADV」 とか
「Welcome to the world with kindness!
 優しさに結ばれた世界へようこそ」
とかのキーフレーズで触れているとおり、平和な雰囲気に包まれたゲームでした。

あまりハラハラするような事態にもならないし
ヒロイン同士の「the 女の戦い」みたいなのも激しくやらない。
安心してヒロインたちにニヤニヤできるゲームになっていると思います。
恋物語にしても、彼女たちの目指す舞踊の道にしても、一人が選ばれた後の反応が
みんな大人というか、仲間の信頼が出来てるというか、、そんな素直に応援できるの!?
と思うくらいみんないい奴らで・・・彼らの関係も含めて平和な世界だ。


世界観の設定がちょっと面白いですね。
今よりももっと未来の地球。
戦争や環境破壊で世界中の水が汚染されて人類が滅びかけ
そこに救世主のように現れて水を浄化していった巨大樹スプリングスノー。
ほぼ毒素は浄化された現在でも、世界を滅ぼしかけた教訓を胸に
自然への感謝を持ちつつましく暮らす人々。

舞台の雰囲気としては、中世くらいのファンタジー風味。
それだけ見ると普通なんですが、機械文明の発展⇒崩壊を経た上での現状を考えると面白いなと。
現実の世界において、水汚染がどうのという話や、水資源の希少化などの話も聞きますし
人類が自然と共存して暮らしていけるレベルって、
案外このくらいの産業革命以前のレベルだったりするのかな~などと考えたり。
・・・まぁ萌えげやりながら考えることじゃない気もするが。


この作品の魅力は、やはりヒロインたちの可愛さ、かな。
正統派のエルスはもちろんいいし、
お騒がせのリアも、いざルートに入ると意外に乙女してて予想外に可愛い。
銀は子猫でもかまってるみたいだし
カスミ姉も普段キリっとしてる人が動揺するギャップが偉く可愛いヨ。
ついでにステッチさんも、あれ本当に男ですか?と思う有様で。
特定のゲーマーから言わせれば、「あんな可愛い子が女の子のはずがない!」になるんでしょうがw
とりあえず個人的にはハズレなしのヒロイン勢でしたね。


主人公の一樹も、肝心なところで頑張れる好青年だと思います。
そもそも物語の始めで、絶対無理だろと言われた難関を突破して学園に入ってるんですよね。
ヒロインが大変なときを察知して、きっちりサポートできる一樹くんナイスなのです。


■歌、曲
 何作か前の、有名な空耳曲と同じ人(佐倉沙織さん)が歌ってる。
 Lump of Sugarはこういう曲作るのが好きなのか?
 今回も見事な空耳曲に仕上がっていますね。
 歌詞見ないと何言ってるか分からんところが・・・特に英語部分。
 前奏部分あたりの、水をイメージしたであろう部分は結構気に入ってます。

 また、日常で使っている曲がいい曲だ。
 海へと繋がる青、水路のある町の風景、船は水に揺られて あたりの日常シーンでよく使う曲
 デートの時などに使ってる「二人の幸せな旋律」、祭りの際のBGM「大樹に感謝の祭りを」など
 気に入った曲が多すぎです。
 これらの良BGMが雰囲気作りに一役、二役くらい?買っていると思います。
 町や世界観に合わせた印象の曲になってますけれど、なんていうジャンルになるのかな~こういうの。
 

■まとめ
作品全体に平和な雰囲気の漂うゲーム。
のんびり安心してヒロインたちと主人公との恋愛模様を眺めてニヤニヤできるゲームなのかな。
4人いるヒロインどの子もそれぞれ可愛いのでご堪能ください、というところか。
ちょっと都合のいい展開してるかなーとは思いますが、まぁ気にしない方向で。

  web拍手
軽めのボードゲーム(カードゲームか)として、6ニムトとハゲタカのえじきを持ってった。
どちらもシンプルなルールで、ゲームをあまりしない方にも楽しんでもらえる作品かな。
今日もとりあえずは楽しんでもらえたようでGoodでした。


■6ニムト
簡単にいうと、6枚目になっちゃダメよってゲーム。

<概要>
簡単なルールで10人まで楽しめる、カードゲームの決定版!!
テーブルにはカードの列が4つあります。
プレーヤーは、自分の手札から出すカードを1枚選び、全員一斉にそのカードを表向きにします。
出されたカードをルールに従って、小さい順に対応する列に並べていきます。
でも一つの列には5枚までしか置けず、6枚目になるカードを出してしまった人は、
その列にあった5枚のカードを引き取らなければなりません!
カードには1頭~7頭の牛のマークが描かれていて、この牛の数がマイナス点になってしまいます。
のろまな牛を一番多く引き取ってしまうのは誰でしょう?
(以上、箱裏面の説明より)

自分の出すカードが、列の6枚目にならないように、カードを出していくゲーム。
全員一斉にオープンするところが肝で、他の人の出したカード次第では
5枚目に滑り込むはずが6枚目になって5枚分引き取りとなったり、
置こうと思っていた列が先に回収、更新されていて置ける条件から外れてしまったりと
思い通りに行かないことがあります。
他の人がどのあたりの数字を出しそうか、
それに対してどの数字を出せばペナルティを受けずに切り抜けられるか、
そのあたりで悩むゲームです。
危険地域が増えてきた頃の、ひりつくような緊張感が楽しいゲーム。

なので、一度に場に出るカード枚数が大目の方が場が荒れて面白いのかなと思います。
今回は3人でやりましたが、4人~くらいが良いのかも。
ゲーム自体は2人~10人まで対応。間口の広いことで。これもこのゲームの良い点の一つかな。

(プレイ感想)
今回は3ラウンドほど回してみて、それぞれ順位がばらけた感じだったかな。
勝ったり負けたりでちょうどよかったのかな、と思います。
数字を見間違えて、6枚目になるカードを出してしまい自爆とか
小さい数字を出して最小限の傷で降りるつもりが、それを連発したせいで結果牛さん一杯になったりとか
色々とドラマがあって面白かった。


まぁこのゲームの本領は、4人~あたりだと思うので(お互いの札の干渉が激しくなるという意味で)
人数多めに集まったときの、ちょっとしたパーティーゲーム的なものになるのかな。


■ハゲタカのえじき
こちらも簡単なルールで、互いの干渉が面白いカードゲーム。

<概要>
手札を使ってプラス点のネズミカードを奪い合います。
ハゲタカカードを取ってしまうとマイナス点になってしまいます。
ネズミカードを取るためにも、ハゲタカカードを取らないようにするにも、強いカードが必要です。
しかし、強いカードも出すタイミングが悪いと無効になってしまいます。
誰でもすぐ分かる簡単なルールで、奥の深い楽しいゲームです。
(以上、日本語訳版マニュアル冒頭より)


各自、1~15の15枚の手札を持ち、ネズミカードを取り合うゲーム。
取り合う得点カードは、1~10の得点がついたネズミカード10枚、
-1~-5のペナルティがついたハゲタカカードが5枚の計15枚。
手札の数字は、数字が大きい方が強いカード。
15回の勝負があるので、弱いカードもどこかで必ず使わなければいけないところがポイント。

得点カードの取り合いは
プラスのカード(ネズミ)⇒一番大きい数字を出した人がGet
マイナスのカード(ハゲタカ)⇒一番小さい数字を出した人が引き取り

だが、「同じ数字を出した人がいる場合、その数字は無効になる」ルールがあるため
強いカードを出したのにかち合って勝てなかったり、
低い数字を出したのに、上がぶつかりあってタナボタで点数カードをもらえたりするのが面白いです。
これも、他の人がどのカードを使って、どれが残ってるのかカウントできると強そうですが・・
まぁ私の頭じゃ無理っぽいw 重要カードだけ覚えて、あとはなんとなくでいいんですよきっとww


(プレイ感想)
今回は2戦ほどやってみたわけですが(3名プレイ)
マイナス点が出たときに限ってやたらと出す数字が合って、
残り一人の手元にマイナスが流れて悲鳴を上げさせたり
最後2枚の使う順番をミスって、数字がかち合ったせいで高得点を取り逃して1位を逃したり
3人でもまぁまぁ数字のバッティングが出ていて面白かったです。

このゲームは、2~5人になっていますが、4人か5人だとあちこちでバッティングして
さぞかし面白いことになるんではないかな~と予想してます。
一度実際にやってみたいところ。


今日のはどちらも、ライトな遊び方のできるゲームでした。
箱も小さめで持ち運びが楽ですし、こういうゲームをやらない人たちの場に出しても
それなりにいけるんじゃ、と思うのですが・・・どうなんでしょうかね、実際のところは。

  web拍手
MHP2Gのお話。
防具に結局使わなかった黒鎧竜の天殻で、クロノスパンツァーを作成しました。

攻撃力:430(最大改造&ロングバレル付き) or 408(最大改造のみ)
リロード:早い
スロット:0個
弾種(一部抜粋)
通常:6/6/0    貫通:0/4/4
散弾:0/4/4    毒弾:3/1
火炎:4(3連射)  電撃:3

(個人的な見解)
メインは火炎弾連射で戦う銃。
5連射の銘火竜弩に比べると総火力では負けるが、取り回しでは上回る。
(5連射って撃ち終りまでが長いので)
デフォルトでは貫通はLv1が撃てないのが残念な子ですが、貫通Lv1追加すると4発撃てるように。
⇒貫通Lv1追加した上で、貫通運用にも使える。
通常Lv3が使えないのは残念だけど、通常で戦うならLv2を調合でいけばなんとかなるか。

こんな子なわけですが、今回の2ndキャラには貫通Lv1追加装備(ラオ砲通常運用装備)があるので
これを流用して使ってみた。


狩り友な方々と今回はナズチ狩りの旅へ。
中古ナズチを2回(ホストの方が大宝玉出るまで)と新品ナズチを2回。
結局4回報酬画面を見たわけだが、一つも大宝玉は出ず。まぁ欲しいと思ってる時はこんなものよね。
代わりに全然持っていなかったナズチ素材はそれなりに入ったから、これで今回はよしとしよう。

ナズチ戦は、相手がステルスで見えないので基本的に苦手。
(まぁ、見えてたら動きのにぶいザコになるわけなんですが・・・)
相手が見えないから、適当撃ちになりやすいんですよね。当たり前ですが。

そして最初の1戦、2回舌の盗み攻撃を受けて、2回とも秘薬を持っていかれる・・・
他にも色々クスリあるのに、なんでピンポイントで2回ともそれ持っていくんだYO!
こいつ相手の時(ガンナーだと特に)は盗み無効が欲しいです。
ということで、防盗珠作ろうとしたら、なぞの頭骨が足りなくて作れない・・・orz
ムダに採集とかしてないから、こういうところでアイテム不足が出るんだよなぁ。


クロノスパンツァー使ってみた感想。
やはり連射は3連あたりが取り回しを考えると便利ですね。
これくらいまでなら、小さい隙にでもそこそこ撃っていけるなという印象。


昔も少し使っていたが、改めてこの銃を気に入ったので改めて専用装備でも考えようか。
シールドないから高耳、貫通Lv1追加、あと一つは・・属性強化あたりか?
装填+の必要ないヘヴィにも使えそうな装備だな。ガルルガ銃あたりとか、キリン銃とか。


で、スキルシミュかけてみるとグラビドZ胴が大量に引っかかるというオチ。
ま、また天殻っすか・・・?なんとか避けて考えようw

  web拍手
もう6月末戦線の時期ですよ~っと。

発売3日前まで決まってませんでしたが、とりあえず突撃予定のものをピックアップ。



まずはこれ。bitter smile。
戯画『 bitter smile 』応援バナー企画参加中!

原画:ねこにゃん、marui     シナリオ:ねこにゃん、陸奥竜介

原画ねこにゃんさんはいいけど、シナリオもって・・・大丈夫なのか?
そう思っていたわけですが、体験版やってみたら、思ったより悪くない。
というか日常のやり取りがいい感じに面白い。
なんでも、ねこにゃんさん、大昔はシナリオ書いてたこともある、という情報も頂きました。
それが本当なら、体験版の出来にも納得なのかな~。

そんなわけで、体験版やって評価急上昇、突撃候補に。




お次はこれ。キャラメルBOXさんのおとボク2ですね。
『処女はお姉さまに恋してる ~2人のエルダー~』2010年6月30日発売予定!

初代のおとボク、アリスマ好きとしては回避不能の一品でございます。
本編を楽しみたいので、あえて体験版には手を出していない。
これで爆死するなら本望だ、と言わせてもらおう。





もういっちょ。くどわふたー。
kwf_banner2nd_11.jpg

これについては、、ついてくるRewrite体験版とどっちが本命なんだろう・・・
とか言うと、Keyのえらい人に怒られそうなので自粛。
クドのお話結構気に入っていたので、これも回避不能だよなぁ・・・


とまぁ、こんな感じで
3本もっていうの結構久々になるのかな?
他にもこんそめ(Silver Bullet)とか光輪の町、ラベンダーの少女(あかべぇそふとつぅ)、Angel Ring(MoonStone
あたりが気になってはいたのですが、体験版一通りやってとりあえず様子見に。
光輪あたりは余裕さえあれば手を出したかったところなんだけど・・・(メーカー買い)
というか、準候補で上げた3作品も体験版の出来悪かったわけではないとです。
ビタスマの期待値に負けただけなのです・・・。
これでビタスマ地雷だったら笑うほかないですなw


6月末になって私が立っているのは、果たして桃源郷か、地雷原か・・・

  web拍手
置き場がない! 初回版置き場がない! 初回版
(2010/05/27)
Windows

商品詳細を見る


あかべぇそふとつぅの置き場がない。とりあえずプレイ完了しますた。

いつもの健速さんかなぁ。
ヒロインとくっつく前の主人公の内面の悩みっぷりとか
究極の判断を迫られた人間の刹那の輝きを使って涙腺を攻撃してくるところとか。

トラブルで落ちてきた巨大ロボットと、そのサブシステムである少女。
彼らと街の人たちとの友情が美しいお話ですね。
あんな巨大ロボットなのに、割とあっさり受け入れて一緒に遊んだり、街の活動に参加させたり
色々な手伝いをしたり、この街の人たちもロボット達も、ほんといい奴らですよ。
また、怪人風の全身タイツを来た集団に襲われたり、
全身タイツ軍団同士の争いに発展したり
地球製の巨大ロボットと対決したり
おふざけみたいだが本人たちは至って本気、そんな巨大ロボット争奪戦が
見ていて面白い作品でもあります。とりあえず中盤くらいまでは。


あいかわらず主人公は出来すぎな人間。
人格者で、強すぎる欲もなくて、危機に対しても正しい判断を下せる・・・ほんとに高○生?
で、お話のあちこちで持ち上げられるわけでして、
多分、そういうのが鼻に付く人もそこそこいるんじゃないかな、と思う次第。
自分はそちら側ではないようなので、なんとも言えませんけれど。
あと、自覚ないだけで主人公のハーレムみたいなもの、出来てますよねコレ。
まぁこのあたりも健速シナリオらしいのかな。
そんな彼じゃなければお話が進まないのも事実ですね。


そういえば、今回は超展開Endと感じたものはなかったような。
この人のシナリオで時々ある、代名詞的なものだと把握していたんだけど。
・・いや、シャノンEndあたりはある意味投げっぱなしかもね。

とりあえず、シャノンルートはラストが良さそうですね。
一番シナリオの謎ときとしてオイシイ部分が眠っていると思う。
(著者はおいしいものを後に残してゆっくり食べたいタイプですので、あしからず)
最後のオチ的な意味としても、やはりシャノンルートがラストは動かないかなぁ。

お気に入りルートを選ぶとしたら、やはりシャノンルート。
理由は書くとネタばれになりそうなんでここでは自粛。
これが内容的には本ルートだろ・・・とは言っておく。

あとの細かい部分については、気が向いたら後で書こう。
これだけで放置する気もあまりないけれど。

  web拍手
R25でドミニオンの記事が掲載されているようなのでご紹介してみる。


[R×R]日本でも品切れ状態の店が続出!
世界的ブームのカードゲーム 『ドミニオン』って何がスゴい?
2010.06.17

http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/rxr_detail/?id=20100617-00002627-r25

以下、記録用に記事転載。

一般的には、あまり知られていないかもしれないが、テーブルゲームファンの間では絶大な人気を誇っている商品がある。その名は『ドミニオン』。ドイツ年間ゲーム大賞をはじめ、世界的なゲーム賞で史上初の三冠を達成。日本でも、品切れ状態の店が多い隠れたヒット商品なのだ。いったい、ドミニオンの何がそんなにスゴイのか。日本語版発売元のホビージャパンにヒットの理由を聞いた。

「ドミニオンは、デッキと呼ばれる自分の持ち札を構築して、最終的に領土のカードを多く持ったものが勝利者になるゲームです。基本的なゲームシステムとしては、トレーディングカードゲーム(以下、TCG)に近いですね。ただ、TCGと違うのは、カードを自ら店舗で買うのではなく、商品に付属されるカードを、最初に配られるコインカードで買うこと。つまり、他のプレイヤーの動向やゲームの状況を踏まえ、常に戦略を考えながらプレイ中にデッキを組み立てていく。そのインタラクティブなゲーム性が人気の理由のひとつですね」

『ポケモンカードゲーム』や『遊☆戯☆王』シリーズで、TCGが大ブレイクした時期に小中学生だった読者も多いだろう。TCGをやったことがあれば、すんなりとドミニオンの世界に入れるはずだ。…ということで、筆者も早速テーブルトークカフェ『Daydream』で、ドミニオンにチャレンジ! ルールは、1回プレイすればわかるほどシンプル。最初に決まった持ち札を渡され、ターン制でカードを買ったり、使ったりするだけだ。

「一見、簡単に見えますが、やりこむほどに、奥が深いと感じるゲームです。山札のアクションカードを、基本セットの25種類のなかから10種類だけ任意で選んでプレイするので、毎回条件を変えて遊ぶことができるのも大きな魅力ですね」(『Daydream』スタッフ・岡田さん)

現在、品薄のドミニオンだが、次の入荷は7月中旬の予定だとか。ご興味を持たれた方は、要チェックです。
(新型 光)

/// 記事ここまで ///

知名度の高くない、ニッチな分野だと思うので
こういう機会を通してプレイヤーが増えてくれると嬉しいです。
ドミニオンから入って、他有名ゲームなどにも興味を示してもらえるとなお良し。
昔はカタンあたりが導入用だったと思うんですが、最近はこれ(ドミニオン)が導入にいいのかな~。


オマエ偉そうに語れるほど知識あんのか?ってツッコミは勘弁してください。
実際その通りなので。
インストにもってって、特に手抜きもしてないはずなのに
2ゲーム目くらいからは普通に負けてたりするヘタレですしねww

  web拍手
書き途中の感想がなかなか書けない・・・思ったことをまとめるだけなのになんでだろ。
とまぁそれは置いといて


お仕事帰りにDAYDREAMに寄ってボードゲーム遊んできた。
今回やったのはいつものドミニオンとカタン。


■ドミニオン

確か3戦くらいやったのかな。
いずれも勝てず。数点足りずの2位、2位タイと完全に乗り遅れての4位だったか。



20100615_ドミ_2試合目終了後

基本+陰謀のセットから5枚ずつ出してやった回。
自分の戦略としては基本お金増やし。交易場で少しずつ圧縮しつつ改築もちょっと狙う感じ。
お金それなりに増やしたはずなんだけど、あまり8金に届かなかったなぁ。。
なぜか右隣の方の貢物で2金アシストして属州買わせてしまったのが多かった。
(貢物:左隣の人の山札から2枚公開、出た札に応じてメリットあり。公開した2枚は捨て札へ。
 財宝カード→+2金、アクションカード→+2アクション、勝利点カード→・・なんだっけ?)
これで確か22点くらい。屋敷を改築した分で負けたような気がする。

20100615_ドミ_3試合目サプライ

こっちは密偵、盗賊、民兵と4金のサプライが多かった回。
手札圧縮の王様、礼拝堂がいますけどそのカウンター、盗賊もいるので使いづらいケースですね。
庭園もいるのでどういう流れになるか最初読みづらかった。

最初はオーソドックスにプレイして1枚属州Get、
そのうち盗賊が出回りだしたので改築で金貨廃棄→属州にしてお金は諦め
手札枚数を増やして庭園に参入する方向にシフト、と考えてました。
結果は・・・庭園への参入が遅すぎて2~3枚しか取れず。
手札もギリギリ29枚・・盗賊で銅貨出させた時に、ついいつものクセで廃棄させちゃったのが惜しい。
あの1枚があれば・・・orz
結局、属州2、公領1、屋敷4、庭園2くらいで終了だったか。

いつものことながら、場の流れを読むのがヘタだなぁ・・


■カタン

けっこう久々かな?プレイしたのは。
どの場所が強そう、とか読むのが未だに苦手なんですよね。
他人の配置からやりたそうなプランを読んで、というところまでいかない腕でござる。

使ったのはバンダイ版のカタン。これ、ヘクスタイルの隅に丸穴が空いてて
そこに小屋や都市をはめ込める形になってるみたい。なかなかいいですね~

20100615_カタン初期配置

初期配置。赤が私。
とりあえず木と土を押さえて、気休め程度に石も抑えておく、
というコンセプト。(石が高目っぽいので)
麦は左下の10の麦マスまで伸ばして取れればよいかな~と。

皆さん慣れてるのか、どの出目でどれが取れるかきっちり把握している様子。
自分だけアクションが遅くて大分迷惑かけたような気が・・・
脳みそキャパ小さいので、なかなか覚えられないのですよ!まったく。
なんか8がよく出て、一人蚊帳の外で寂しかった覚えがありますw

20100615_カタン中盤の図

終盤ちょい前くらいの状況。緑の人がトップに変わった頃かな。
出目8の土資源押さえて、その上で土港を確保してると強いな・・・
環境を整えた後の2:1港の強さを改めて実感。

自分も6羊の両脇を都市に変えて、カード+1点を合わせて8点までは頑張ったけど・・
あと道王でも取れればってところで終了。
大量伏せカードの中に2点くらいあったのかな。やっぱカードは強いわ。
そして6ゾロの12がなぜかよく出た。緑の人ぼろもうけ。出るたびに「またかよ~」と悲鳴が上がってましたね。


やはり上手い人とやると色々と勉強になりますね。
初期配置で相手の欲しそうなところを先に押さえたり、道の伸ばし方などなど・・
まだまだ未熟だよなぁと思います。
私としては十分楽しかったので万事オッケーというところでしょうか。また遊びに来よう。

  web拍手
最近またのんびりちょっとずつMHP2Gをやってます。

キリン手伝ってもらったり
天殻狙いで黒グラ射殺してきたり
沼地に雷光ゼリー取りに虫退治にいったりして
G級ラオ砲用装備(not カニ)を作ってみた。

性能はこんな感じ。

■女/ガンナー■  --- 頑シミュ ver.1.7.1 ---
防御力 [278→358]/空きスロ [0]/武器スロ[0]
頭装備:キリンXホーン [2]
胴装備:ブランゴXレジスト [2]
腕装備:キリンXグローブ [2]
腰装備:ウカムルイッケタリ [2]
足装備:クックZレギンス [3]
装飾品:速填珠×3、加貫珠×5
耐性値:火[1] 水[16] 雷[14] 氷[11] 龍[2] 計[44]

属性攻撃強化
装填速度+2
貫通弾LV1追加
---------------------------------------------------

本当は胴をグラビドZ、足を胴系倍加にしたバージョンで作るつもりでしたが
合わせてみたらなんだか胴のゴツい黒色が浮くな~ということで急遽変更。

こんな見た目になりました。

20100612_ラオ砲用装備    20100612_ラオ砲用装備(後ろ)


今度はちょっと腰が浮いてるような・・スカートにズボン風の脚部はどうなのよとか
色々あるけど、まぁとりあえず納得しとこかな、というところ。
元々武器スロ1必要だったところが、胴をブランゴXにしたおかげで
武器スロ0になったのは思わぬ誤算でした。
ま、武器スロ1余ったって何に使えって話ではあるんだけど。


あとは
自装+属性強化装備
ヘヴィ用耳栓装備
剣士用高耳装備
匠ガ性+1高速砥石
あたりを作りたい。

が、こんだけ作るにまたどんだけ時間かかるかなぁ。
今ものすごくのんびり進行だし。

  web拍手
パンデミックなどを持ち込んで初プレイやってきた。

パンデミック 日本語版パンデミック 日本語版
(2009/08/01)
ホビージャパン

商品詳細を見る


他のプレイヤーと協力して、拡大する4つの風土病を撲滅するゲーム。
5種類あるROLEからランダムでそれぞれ一つを選び、その能力を生かしつつ
世界各地で広がる疫病の蔓延を抑えるために働くゲーム。
放っておくと感染が連鎖的に広がってしまう可能性があるので、
各地の病気を対処しつつ、勝利条件である特効薬の開発を進める必要がある。

今まで感染のなかった場所から新たに疫病が大発生するカード「エピデミック」カードがあり
山札にこれを何枚仕込むかで難易度の調整ができる様子。
今回はイージーで2回やったのみなので、難易度上げるとどれくらい大変になるかはまだ不明。

最初のプレイでは、山札のセット方法をまちがえていたのか、
普通考え辛い恐ろしい速度でアジア全域に疫病が広まり、プレイヤー負けで決着。
「突然変異鳥インフルがアジアを席巻、世界中へ飛び火」
「治療薬、未だ見つからず」

ってーなとこなのでしょう。あれは酷かった。
まあ、まだ感覚が分からず病気の蔓延対策をスペシャリスト一人に任せようとしたせいでもあるか。

次は山札セットをしっかりして、イージーモードで再プレイ。
とりあえず時間を稼ぐために危険な所は可能な限り治療していく事に。
治療のスペシャリスト「衛生兵」がいるとこのあたりはだいぶ楽でしたね。←私でした
通信指令員の他者移動能力も結構使える。
衛生兵を移動させて、次の治療候補に近づけたり、
治療薬の開発にアドバンテージのある科学者を研究拠点に移動させたり、結構活躍してました。
基本的に5つの特殊能力はどれもそれなりに使える子たちなのかな。
このあたりはもう少し回してみないと分からないな。
今回は初回用のイージーだったので、次は普通モードでチャレンジしてみたい。

↓プレイ中の様子。
10060501 パンデミックプレイ中
科学者の手元に手札が大分集まって、クリア数ターン前くらいの様子です。

プレイヤーみんなで現状に対抗する方法を相談して、協力プレイするゲームなので
対戦プレイで殺伐とした場のリフレッシュにいいゲームかなと思いました。

■ドミニオン

二人で3回、その後少し置いてから3人で2回ほどプレイ。
後から追加で来た方は初めてだったのて説明しつつという感じ。

二人プレイで庭園全て買い占めて庭園プレイすると、ものすごい点数になって自分でも少しビックリ。
手札60枚×庭園12枚で72点。
相手が属州をガンガン買えるようになる前になんとか3山切らせて終了。
あと数ターン放っておいたら属州たくさん買い始めそうだったから間に合ってよかった。

初めてプレイの方は堀を買いすぎたり、アクション買いすぎでお金が回らなかったりという感じでした。
最初自分も同じだったなあなどと思ったり。
(自分もまだまだ修業中ですが)
このあたりはきっとプレイを重ねるうちにこなれてくるでしょう。
結構強敵になりそうな予感がしています。


BSWというWEB上でボードゲーム遊べるものがあり、
その使い方まとめのあるブログを教えてもらったので、そちらでも遊べると良いな。
ぱっと見た感じではかなりたくさんのゲームが遊べる様子。
カタンとパンデミック、ドミニオン他、いくつかは私の知っているものがありましたね。
問題は日本語にローカライズされているかどうかだが・・・(元がドイツ語のようなので)

  web拍手
数日前の事になりますが、仕事帰りに寄り道してきた。

秋葉原のボドゲ屋に寄って在庫を確認。
パンデミックの日本語版があったので買ってみた。ついでに捜索のかいなく行方不明になった6ニムトも新規購入。
まあこれはいい出来の品だし価格も高くないからいいか。
で、その足でTRPGカフェ DAYDREAMへ。

たまたま関係者とおぼしき方が、7月発売予定の「ドミニオン 錬金術」を持ってきていて少し遊ばせてもらった。
どうやら別件用事と、あとはサンプリングのためらしい。

100601_ドミニオン新拡張


どこかでやったらしいデモプレイと同じ組み合わせ限定でしたが、新しいシステム、ポーションの使い方が面白い。
財宝カードで、これがないと購入出来ないものがあり面白い。
お金と同じような使い方をするが、一部カードの購入以外ではむしろ邪魔になりそう。
手札にポーションがあると追加効果があるアクションカードもあるので、これを狙うかどうかで、どれだけ手札に入れておくか考える事になりそう。

これ以外にも少しゲームをプレイ。
手札にある、役に立つのか立たないのか分からないようなアイテムを指定数使って、
山札をめくって出てきたトラブルを切り抜けるゲームを少しやった。名前は忘れましたが・・・
即興での口プロレスが上手い人が強いゲームだった。
TRPG好きな人、特にロールプレイが得意な人はこういうの強そうだ。自分は正直苦手…
色々と面白いネタがありましたが、「猫マイト」これ以上のヒットはなかったなぁ。
みんな揃って大爆笑。

ドミニオン海辺+基本セットで海賊船を初めて使ったが、確かにこれは強い。
海賊船のせいで皆お金買わないし、場から金が消えかけていたような。
海賊船のヒット率が高かったので勝てたが、運良く海賊成功させた者勝ちという感じで素直に喜びづらい。
まぁ、凶悪なカードらしいという事は良く分かった。
新しい拡張セットの錬金術、発売が楽しみですねぇ。

  web拍手
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。