たこさん's 雑記&日記

ゲームの話を中心に、日々思ったことなどを書き綴っています。モンスターハンターとPCゲーム(銀色シール付き)、ボードゲームの話がメイン。
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  web拍手
2日ほど前、火曜日が「ドミニオンの日」ということで
TRPGカフェ、Daydreamドミニオンを遊んできました。

  web拍手
民間防衛 新装版―あらゆる危険から身をまもる民間防衛 新装版―あらゆる危険から身をまもる
(2003/07)
不明

商品詳細を見る


ネットのどこかで紹介されていた本。

憲法9条があれば日本は平和でいられる、と唱える人たちに
一度読んでみてもらいたい本
かなと思います。

「他国の侵略」「戦争」というものを真正面から捉え
国家を存続させる方法を書いた、危機管理マニュアルというところ。

核戦争までをも想定した避難所を都市の各所に作り
一般国民にもそれぞれの後方支援等の役割を割り振り、そのための教育を施し
各家庭、避難所で常に緊急時の為の食料等の備蓄をさせる。
「第三次世界大戦が勃発しても生き残る国民はスイス人だけであろう」
と言われるのは伊達じゃありませんね。

災害、戦争時の心がけと対処法、現代の精神的な侵略とそれに対する心がけ、
団結して立ち向かえた場合とそうでない場合のシミュレーション、
はてまた占領された後のレジスタンス活動についてまでと
様々な場合を想定した敵の攻撃方法と、それに対する国民の対処方法が書かれています。
特に侵略を受けた際のシミュレーションは結構ショッキングな内容もあったりしました。
だからこそ、それを阻止する為に国民が一体となって対抗しよう、という方向になっています。
それに、この精神的侵略のシミュレーションのあたりですが
なんか日本の現状と思い切りかぶるんですよね・・・人ごとではないんじゃないか?


あらゆる危険を考え、それに対する対処法を考え
このような本としてまとめて国民に配布し、徹底しようとしている。
他国と地続きで、何度も戦乱に巻き込まれてきた国だからこそ
奇麗事では国は決して守れない、平和は絶えず努力して得るものだと身に沁みているのでしょう。
どんな事がおきても、国や国民を守るという意思が感じられます。

翻って日本は一体どうしたいのか?どうするべきなんだろうか?と思わされる一冊。
これからの日本の国防、外交などを考えるために、多くの人に読んで欲しい本です。


特に今のこの国の状況に近いと思われる、
武器を用いない侵略についてまとめたサイトがあったのでご紹介。
スイス政府「民間防衛」に学ぶ


  web拍手
カルドセプトをやった後の時間で、カタンをやってみた。
プレイ2回目の方が2名、初プレイの方が1名で
最初に説明、あとはプレイしながらインストしつつのプレイでした。

自分が一番このゲームのプレイ回数が多いはずなのになんだか勝てない不思議。
単純にヘタなんだろうな~とは思うが、まぁ持ち込んだ人間が圧勝しちゃうのも
それはそれで面白くないだろうから、これはこれでよいか。

道王と騎士王を一人が独占+建物で4点と最初にO氏がトップに。
当然ながら妨害に会いまくりで伸びきれず。
というよりは単純にイベントカードの引きが悪かったみたい。
引いても引いても騎士ばかり・・・これはこれで気の毒だ。
ここで点数カードが2枚出てたら速攻で終わってました。

その後は羊港を確保&出目6の羊の周囲に2個家を建てたU氏もなんだか危険な雰囲気に。
羊→その他資源のコンバートをガンガンかけてました。
でも家を都市にできず苦労してたみたい。

結局、ずっと目立たなかったM氏が家をドンドン都市に改築していき
都市4+勝利ポイントカード2枚で勝ち抜け。
よくよく見たら、鉱石も取れるし、麦地帯もきっちり押さえてる。
こりゃ後半延びるわけだよなぁ。潜在的に伸びる可能性を見落としてたのが痛かった。

自分は一応全資源の産地を確保してたはずなんだけど、
鉱石と麦が全然出なくて家が枯渇、都市に出来ずに伸びませんでした。
石は4、麦は10とか3とかだったはずだけど、欲しい時には全然でなかった。
3:1港も押さえたけれど、何故かそこを利用できるほど資源が集まらず涙目。


ボードゲームとかあまりやらない人たちでしたが、楽しんで頂けたようでよかった。
カタンは最初ルールを飲み込むまでちょっと手間ですが、割と初心者でも遊べて楽しいゲームなので
ボードゲーム関連やったことない人の入り口にちょうどよさそうですね。

  web拍手
カルドセプトDSの4人対戦、やってきた。
対戦者は友人U氏、その友人O氏+そのまた友人M氏。
4人も集まれたのは初めてなので面白かったですね。
1戦に結構時間がかかった(1時間半~2時間くらい)ので2戦しかできませんでしたが
機会があったらまたやりたいところです。

1.対戦@ゴザ
なんか私以外の3名が火ブックでかぶりまくり。火ブック3名と風ブック1名という形に。
火領地の奪い合いがなかなか大変そうでしたね。
O氏のブラストスフィア+ポールスターの周囲巻き添えで吹っ飛ばす自爆特攻にかき回された戦いでした。
2回、高額領地がブラストスフィアで吹っ飛ばされ、なおかつまだ手札にブラストスフィアがいたような・・。

「O氏に誰かの高額に突っ込まれたらその領地が飛ぶぞー!」

ってな状況がずっと続く戦いでした。ダイス振りのたびに心臓に悪い戦いだこと。
そういうときに限って、誰もリフォーム、スミスなどを引かないし。


100425-01_ゴザ対戦結果グラフ
赤=U氏、青=M氏、黄色=私、緑=O氏

21ラウンドで赤U氏の領地で1発目の自爆テロが炸裂⇒赤滑落

次のターン、緑O氏がD・ドア使用でそのままその領地にストップ、領地取得で浮上

25ラウンドあたりで黄色(私)の高額ジーニー領地のとなりで2発目自爆テロ炸裂。
私のセイレーン+隣のジーニーさんが吹っ飛び黄色も滑落。

直後になんとか高額(元ジーニーの土地)を自力で止まって取り戻し。

その頃、青のM氏の高額領地に緑O氏が突っ込んで大金支払い。
それを元手に青が突っ走って終了。


ポールスターを持たれると、巻物以外が通らないので倒しにくくて困る。
ブラストスフィアの素HPは50あるから、30巻物では強打つけても落とせないし・・・。
落とせるのはヘルブレイズ、フュージョンあたりくらいか?

隣まで巻き込んで自爆って、こえーな~。
隣の領地の所持者は何も抵抗する手段ないのが厳しい。
まぁ、上手くやらないとあまり自分の得にはならないようですが・・・
結局、緑のO氏は4位だったし。「人を呪わば穴二つ」てなとこでしょうか。


2.4人対戦@うし

私:風の先制ウィルスブック
U氏:水のラントラブック?
O氏:ドラゴンブック?妨害スペル多目
M氏:多分前回と同じ火ブック

なんか序盤、手札事故り気味の方が多かったな~。
私含め3名が序盤になかなかクリーチャーを置けずといった感じでした。
すんなりクリーチャー配置してったの、水のU氏だけだったような。


100425-02_うし対戦結果
赤=U氏、青=M氏、黄色=私、緑=O氏

最後数ターンの競り合いがすごい事になってました。
まずは赤のU氏が順調に目標金額達成、あとは城に帰るだけ
ただし、1と3を振ると黄色(私)のLv5土地が待っている状態。

ダイス出目は1。
私のセイレーンLv5土地を踏んで大金支払い、高額領地を売り払い。護符価値分もあり大幅墜落。

今度はU氏がセイレーンLv5かワイバーンLv5どちらか確定踏みのダイス目を出す。
ワイバーンを落とされて私が涙目状態。
これでM氏が目標金額へ到達、しかも城まであと2歩。

阻止できず終了。
目標金額へたどり着いてはつぶされ、それを踏み台にして目標金額にたどり着いたら
さらに叩き落され、と見事な争いぶりでした。
この、達成間近での妨害工作あたりがまた面白いんですよねぇ。


私の手札には早々にウィルスがいたので、風土地確保して
誰~も踏まないようなところにさっさと配置したかったのですが
移動侵略されそうな所だったり、地土地だったりでずっと置けずじまいだったのが残念。
序盤置けるクリーチャーが来なくて置き負けると、後々までその遅れが響くのが痛いなぁ。
結局東ゾーンで土地2箇所(風2連鎖)、西で3箇所(風2ほか1くらい?)しか置けてなかったような。
序盤はクリーチャーの種類、用途を問わずマナの余裕がある範囲でドンドン置いていくのがいいのか・・?


4人対戦だと、2人、3人の時以上にそれぞれの思惑が絡み合って
なかなか上手いこといかないものですね。
まぁ、その駆け引きが面白いゲームなんですけど。
相手の手札覚えたり、何をしようとしてるか考えたりで結構疲れるゲームだな~。
特に4人だと手札のキーカードとか覚えきれなくて困る。
一生懸命覚えようとしてたんですが、覚える端から抜けてってしまって大変でした。

  web拍手
私が好きだったボードゲーム、TITANの掟のオンラインバージョンが
他所さまのブログにて紹介されていたのを発見。

TITANへの道 オンラインへの展開1 (風来坊-It's a rolling stone-様)

肝心のオンラインでのゲームはこちら。
Colossusのウェブページ

外国の方が作ったもののようで、ぜーんぶ英語なのでちょっととっつきづらいですが
なんとか遊べました。
Javaが入っていれば、コロッサスのアイコンをクリックでゲームスタートになるみたい。

プレイヤー選択画面
Setup画面。
ここで、対CPUでやるならHuman=自分、あとはCPUを必要人数分作ってNewGameでいい様子。
CPUのAIも何種類かある様子です。
オンラインでの対戦もできるみたいですが・・・ちとしきいが高そうだなぁ。
とりあえずはCPU相手に遊べるだけでも十分なのです。


メインボードの画面
普段、軍団を動かすメインボードはこんな感じ。

Marshでの戦闘シーン
こちらは戦闘突入時の画面。


久々に遊んでたらあっという間に時間が夜になってました・・・
相変わらず、ある意味危険なゲームです。

  web拍手
乙女に祝福を ロイヤルブーケ 本編同梱版乙女に祝福を ロイヤルブーケ 本編同梱版
(2010/01/29)
Windows

商品詳細を見る


ensembleさんの「花と乙女に祝福を」、やってみました。

中身は女装&女子校潜入もの。
類似品としておとボクや恋する乙女と守護の盾が思い浮かぶジャンルですね。

双子の兄だからって、妹の代わりに女装して女子高へ潜入なんて
無理ありすぎだろ~~ 設定無茶すぎw
と思って手を出してなかった作品。
ファンディスクと同梱版が出たのでやってみたのですが
本編は思ったよりシナリオが良くできていた。
女装なのにある意味一番かわいい主人公のキャラクター勝ち、という面もあるかも。

事情を知らないため、普通に接した孤高の生徒会長に気に入られてしまい
次期生徒会長に据えられてしまう。
事情を知っている友人がそれを阻止しようとして、園芸部 vs 生徒会の勝負に。
事情を知らないとはいえ、周囲をかき回しすぎです彰さん。
身代わりの役目を果たせているんだかいないんだか。
妹の身代わりとしての1ヶ月だけの潜入生活なんだから大人しくすればいいのに
そうできなくて色々流されドタバタ生活になる様が面白い作品でした。
ポイントは、「本物が別にいる」ってとこでしょうか。



注意事項として・・
公式HPのキャラクター紹介のあらすじは読まない方が良さそう。
これ、個別ルートの内容を、最後のオチ以外ほとんど書いちゃってます。
内容の一部紹介としては明らかにやりすぎじゃないかな?
面白みが半減しそうだから、見ない方がよいかなと判断しました。

  web拍手
ちょっとばかり風邪引き中。
最近暖かかったり寒かったり、気温の差が激しかったからそのせいかなぁ。


カルドセプトDSで対戦であそんでもらってきたので、それの感想などなど。
結局4戦やって2勝2敗。
大勝2回と大敗1回、いい勝負になった上での惜敗1回でした。


  web拍手
着々とプレイ中。分量的には完全に廃校問題がメインディッシュですね~
個別がオマケ風味なのが泣ける。

  web拍手
CollaborationS Official Site
http://www.collaborations2005.com/

太陽の子
製作:あかべぇそふとつぅ みなとそふと 企画屋
シナリオ:丸戸史明 with 企画屋 タカヒロ るーすぼーい
原画:ねこにゃん 白猫参謀 有葉


え~っと・・・なんですか、この豪華メンバーは?
特にシナリオ担当のお三方。
これはヤバイ
これから公表される内容にもよるが、回避不能な予感。
誰だよこんなコラボレーション考えたの。


これだけのメンバーを集めると、上手くまとめきれるのかどうかが逆に心配ですが・・・
wktkして続報を待つことにしましょう。

  web拍手
恋色空模様、現在ちょっとずつ進行中。
すたじお緑茶さんの作品は初めてですが、今のところ好感触ですね。

  web拍手
対人で少し遊ぶ機会があり、先日紹介した風メイン先制ブックで2戦ほど遊んでみた。

1.風先制ブック vs たぶん火のライフォブック。@アイアンハート

東側のN砦へ行く途中にバアルのLv3↑土地を2個ほど作られて
そちらには行きづらい状況に。
S砦はもっぱら内周のところを使い、N砦は中盤からは西側へ行ってました。
このマップは色々と周回ルートを考えられるから面白いですね。
「敵の高額領地?そんなの近寄らなければいいのさ。」が実践しやすいマップ。

最初は東側で連鎖組み→途中から西ルートを使うようになって西にも連鎖が。
中盤からずっと手札にかかえたランドトランスで内周の土地を転がして逃げ切らせてもらいました。
相手が途中からずっとライフォかかってて、敵にかけられるようなスペルも回ってこないので
解除できん・・・まずいなぁと思ってたのですが、
あちらからすると、こちらをスペルで妨害できなくて困ってたらしい。
ライフォも良し悪しなんですねぇ。

召還に要生贄、戦うごとに使用者の手札1枚捨てという、手札に優しくないバアルさんですが
早々に土地Lvを上げて、踏みづらくしてしまえば先制ST50、HP50+地形効果というとても崩しづらい拠点に。
Lv1~2土地ならまだしも、相手の手札減らす為にわざわざLv3の土地を踏みに行くなんてできないもんなぁ・・。
癖のあるクリーチャーも使い方次第なんだなと思わされた一幕でした。

100403_対戦@アイアンハート
結果グラフを載せてみた。赤が私。
4500G前後から4連鎖のLv5土地をラントラ→Getした2300Gを5連鎖の土地2つに投資。
結果、4500G→7100Gというとんでもない伸びになってますね~。
直前では微妙に負けてたからラントラ様々。


2.風先制ブック vs 火の猿ブック? @スネフ

いいタイミングでHWとかヘイストが来てくれたので、
相手の高額アシュラの土地を終始回避できたのが大きいかな。
西側の風土地2つ+水→風に地変した土地2つで固まって連鎖を取れたので
そこで200↑の通行料2回いただけたのも大きかった。

せっかくかけたマジックダイスをほこら効果でかき消されたり、と
とにかく相手がついていなかった印象でした。

というわけで、2回とも勝たせて頂いたのですが、、次のリベンジが怖いのぉ。

ブックのコンセプトは上手く動いてたのかどうかよく分からん。
活躍したのはシムルグ、セイレーン、ベルゼブブ、ウィルスの応援あたりっぽいから
普通の風ブック?と見えなくもない。
ガチガチのコンセプトブックというわけじゃないし、こんなもんですかねぇ。

  web拍手
夏に奏でる僕らの詩 初回限定版夏に奏でる僕らの詩 初回限定版
(2010/03/26)
Windows

商品詳細を見る


PurpleSoftwareさんの新作、夏に奏でる僕らの詩 やってみました。

よくある朴念仁、鈍感主人公に幼馴染の女の子たちがアタックしていく感じか。
周囲の子たち全員(一人除く)から好意をもってもらってるのに当の本人だけ全く、全く気づかず。
最初っから周囲の好感度Max、あとは主人公が誰に転がるか、だけに見えました。


  web拍手
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。