たこさん's 雑記&日記

ゲームの話を中心に、日々思ったことなどを書き綴っています。モンスターハンターとPCゲーム(銀色シール付き)、ボードゲームの話がメイン。
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  web拍手
カルドセプトDSネタ。

無属性のデッキなど作ってみた。
というよりは、モスマンが強いよ~と聞いてそれを中心に組んだという感じだが。

使ってみた感想(対CPU戦)。

・やはり無属性デッキは守りがちょっときつい。
 地形効果を得られないってのは結構厳しいですな~
・応援+20を安全にキープできるなら、シーフあたりが割と守りに使えそう。
 Hp60のアイテム奪取はなかなか凶悪なことになりそう。
・やはり青天井タイプは型にはまると強い。
 モスマンはST+に加えて先制だから、vsデュラハンの時のように
 防御側が先制アタックで落とすという事も難しい。
 ST20+110&先制とか、どう対処すればいいのさ。
 反射か無効化くらいしか対策が見つからないような気が。


という感じで、撒いたクリーチャーが上手く生き延びてさえくれれば ←これが難しそうですが
モスマンが暴れ放題にできそうだ。
2戦ほど使ってみたが、分岐なしマップ(狭い)ではやはり無属性クリーチャーでは守りきれない。
もう一戦は、上手いこと撒いた子たちが生き残ったので
モスマン先生が敵の領地を踏み荒らし放題。いやぁこれは爽快だ。
こちらから侵略すれば、攻撃側+先制で先手確定なのがありがたい。


モスマン、風クリーチャーなのに無属性の申し子のようですねぇ。

  web拍手
ちょっと前の記事にも書きましたが、

PULLTOPさん
↑PULLTOPさんのHPでただいま『しろくまベルスターズ』人気投票~しろくま町グランプリ~開催中。
(2/26 21:00まで)

投票権(=シリアルコード)を持ってる方はぜひぜひ投票に行きましょ~!
2、3日前から見に行ってるんですが、1位争い、3位争いがそれぞれ熱いのです。
1位、2位が未だに10票以内の差で抜きつ抜かれつしてますから、どっちが勝つか全然分からん。
ついつい気になって途中経過を見に行ってしまうのです。
不正票が混じってると思うとどうしても楽しめない口なので、
ここの投票は不正票が混じりづらい(はず)だから好き。



日別の投票数も見られるようになっていますが、どうも経緯がつかみづらい・・
ということで、日別投票数の数字を拾ってきて簡単なグラフにしてみました。
(19日の数字は20時前後の途中経過)


まずは日別の投票数から。

100219_日別投票数  100219_日別投票数(5位以下)

14日に硯が大きめのリードを作り、その後3日はななみが優勢。
3位争いは基本的にりりかが優勢の様子。きららが票数で勝ってる日もあるが僅差ばかり。
サンタ先生は最初は良かったけれど段々落ち目で代わりに?さつきが伸びてきてますね。
下位勢は票数が少なくバラつきが目立つので傾向をつかみづらい・・・。


お次は投票数の累計。

100219_投票累計  100219_投票累計(5位以下)

1位争いのものすごいデットヒートがよーく分かるww
なんという暴走っぷりでしょう。
自分の印象と違って、すずりんの方が若干優勢っぽいですね。
3位争いの二人はやはりこれを見てもりりか優勢と分かる。きららさん少しずつ離されてますね。
さつきちゃんの3日目以降の伸びを見ると、ひょっとしたらサンタ先生に届くんじゃ・・?
レッドキングは一人で地を這ってるなぁ。
でもここは投票数=コメント数を達成するかも知れないから、これはこれで。


以上。
もっといい分析方法もあるかも知れないが、私は知らないのでこんなもので。

暇人め!というツッコミは甘んじて受けましょう。
自分でも何やってんだかなぁ・・と思わなくもない。
でも、生データ見てるよりはこうした方が色々と見やすいかな。
Excelさんにてきとーに作らせただけなので色々と手抜きでござる。

  web拍手
メイド&吸血鬼コンビで永夜抄Easyモードやってきました。

咲夜さんのボムがなんだかちょっとかっこよくなっている気がします。
レミリアお嬢様のボムは使いやすいのかどうか微妙。
レミリア操作時の使い魔が最初はよく使い方分かってなかったのですが
あれ、妖怪操作にして出現させた位置あたりでずっと打ちまくってくれるらしい?
それに気づいてからは特にボス戦で有効活用させてもらいました。

レミリア操作時の弾が真正面、狭い範囲しか当たらないのがちょっと不便ですが
それでもなんとかノーコンティニュークリアはいけましたね。
最後の面、かなりもったいないところでポコポコ死にまくったので
無理かなーなんて思ってました。

他のコンビでもまた暇があったらやってみようかなと考え中なのです。

  web拍手
しろくまベルスターズ♪ Xmas Boxしろくまベルスターズ♪ Xmas Box
(2009/12/11)
Windows

商品詳細を見る


PULLTOPの新作、しろくまベルスターズが一通り終了。
々々さん原画のチームによる作品ですね。

人の世に溶け込み不思議な力を駆使して人々に幸せを届ける、
サンタクロースとトナカイたちのお話。
クリスマスらしい、平和で夢のあるいいお話や。
ほのぼのとした作品全体の雰囲気、街の様子を基本として
ちょっとドタバタ劇があり、終盤ではちょっといい話があったりと
このチーム2作前のゆのはなにどこか通じるところがあるように感じます。


普段はおもちゃ屋などの副業で資金を稼ぎつつ街の生活に溶け込み
1年に一度のイベント=クリスマスに向けて現地の調査や配達訓練などをして過ごす。
ツリーが供給するルミナという不思議なエネルギーを使い
ソリで空を飛んだりプレゼントを届ける、不思議な力の使い手たち。
浮世離れしたファンタジーな世界に暮らす存在なのに、
その世界でもやっぱり日々の地道な努力がものを言う。
普段やっていることは一般人とそれほど変わらない苦労、努力の日々というのが良いですね。

12月24日、クリスマスイブのプレゼント配達、サンタを信じる人へ幸せを届ける行為に向けて
日々街の状態の調査、配達訓練やスキルアップに励むサンタやトナカイの姿。
こんなファンタジーな仕事なのに、やっぱり日々の積み重ねは大事らしい。
サンタやトナカイを日常から超越した存在ではなく、ちょっと日常から離れた
変わった職業についている人間として描くこの方向性が気に入りました。

新設された支部に配属された、個性的なサンタさん3人との共同生活。
ピンク頭の元気な天然サンタさん、
NYから来た金髪ドリル髪の強気なエリートサンタさん、
内気で大人しい、家事や倉庫整理など裏方仕事の得意な黒髪サンタさん、
それと成り行きで3人のサンタの面倒を押し付けられたトナカイの主人公。
最初のうちは性格の違い等でぶつかり合うけれど
少しずつお互いの理解を深めて上手くやっていくように。
そうこうするうちに、トナカイさんとサンタの1名(または大家さん)が仲良くなっていって・・という感じ。
サンタ修行に明け暮れたおかげで恋愛方面の経験がないサンタさん達と
同じくトナカイ一筋で女性関係に疎い主人公たちの恋物語ですね。
初々しいったらありゃしない。おかげでニヤニヤさせてもらいましたです。
他のサンタ&知人で恋のサポートをしてあげるあたりもほほえましい。

一員として迎えてもらったほらあな商店街の面々が
また一癖あるがいい人たちばかりですね。
昔ながらの商店街の面々という印象でしょうか。
この作品の持つ、あったかくてほのぼのした印象に一役買っています。

物語後半、個別ルートはそれぞれ難関が出てきてそれをサンタと主人公とが協力して乗り越えるお話。
大家さんルートだけはちょっと毛並みが違いますが・・・。
ついでに大家さんルートは主人公の印象も大分違う。ゆのはなの草津兄っぽい。
職場を離れるとこうなる、と理解しておくか、あるいは別人扱いにしておくのが良いかも。


■システム面
解像度が800×600を基本として、何段階かに拡大できる。
最近は大きなディスプレイを搭載してるところも多いでしょうから
800×600はちょっと小さいかも知れないですね。
フルスクリーンにしなくてもそれなりに画面を大きくできるのは好感触。
他はほとんど不満なしかな。普通のADVに必要な機能は入ってると思う。


■総評
サンタとトナカイ、それと街の人たちで繰り広げる、夢のあるあったかいお話。
飛び抜けて感動できる、というシーンはあまりないですが、
雰囲気にゆっくりひたれるゲームだと思う。雰囲気ゲーっていうのかな?


■作品情報
メーカー:PULLTOP
原画:藤原々々
シナリオ:J・サイロー、丸谷秀人、御剣ヒロ


追伸:2月26日まで人気投票が公式HPで開催中なのです。
投票にシリアルコードが必要ないつもの形式なので、製品持ってないかたは閲覧だけになりますが・・。
1位ななみ、2位硯のデッドヒートがものすごいことに。
更にりりかときららの3位争いもなかなか熱い。


ここの人気投票、どうしていつもトップ争いがこれだけ白熱するんだろう・・?
昔のかにしのの人気投票でも、ぷりちー応援団と殿子のお父さんsがものすごい接戦を繰り広げてましたね。
シリアルが必要で不正投票ができづらいから、素の値を信用しやすいのがいいのかな。

  web拍手
東方シリーズの弾幕STG、東方永夜抄
なんとかEasyレベルはクリアできました。

しばらくずっとNormalで訓練していて、
あるときふとEasyに切り替えてみたら
なんだかスイスイっと突破できちゃいました、という感じ。

大量の弾に対する一時的な耐性でも出来てたんかなぁ・・・。

食らいボム使いまくりで正直ほめられたものではありませんが
とりあえず結果が出たからいいのさww
霊夢&紫コンビは使いやすいですね。
妖怪モードの使い魔が敵に張り付いて多少位置ずれてても攻撃してくれてるっぽいのかな?




妖々夢の霊夢Easyモードもチャレンジしてるんですが
どうもStage5、6の妖夢が手ごわいのです。
こいつこんなに強かったっけ・・・?
結局Stage6、最終面の途中でコンティニューを使うハメに。
ノーコンティニュークリアとはいかず残念。
2つスタイルがあるうち、やはり誘導弾がある方が好みですね。
どうしても弾避けに専念して攻撃が出来づらいので。
でもどちらでやってもStage6でコンティニューになるのは変わらず、なんだよなぁ。

ノーマルでもそこそこまで行けるレベルになりたいですのぉ。

  web拍手
カルドセプトDSのワイヤレス対戦で遊んできますた。

使ったのはちょっとだけ対戦用にアレンジした地、水、風の各ブック。
対戦用って言っても、リフォームを組み込んで
シャッター等の手札破壊を気持ち多めに積んだくらいですが。

40ターン制限で最後近くまで数百マナ程度の僅差の勝負になったり(水ブック@スネフ)
風ブックの長所(所持土地数で攻撃力やHPが上がる)を上手く生かせて勝てたり(風ブック@ナバト)
パウダーをつぶそうとするがドリアードが風土地に入れず泣きを見たり(地ブック@DLの牛マップ)
今回もなかなか楽しかったとです。

土地数で能力が変わる子たちは、広めのマップだと本領を発揮して手が付けられなくなりますねぇ。
デュラハンのSTが120とか出てた気がするよ・・・?
ってことは、シムルグのHPも120+地形効果分か・・・即死でもないと難攻不落だなww

あとは、クリーチャーが20枚前後になってるので序盤で手札事故ると痛いわ~。
対人だと特にスペルを色々詰めたいからクリーチャーの枚数が増やせないんですよね。
まぁ多少枠が増えたところでスペルの選択はやはり悩むわけですが・・・・
どれも入れたくなるので困る。
足系、地変、手札破壊、直接攻撃スペル、敵の妨害etc...
やはりスペルの選択はいつも悩むな~。


前回、今回ともにタイマン勝負だったので、3人プレイとかもやれるといいなぁ。

  web拍手
家でPCに繋いで使用するヘッドフォンを新しく買いました。

買ったのはこんなの。↓
Victor オーディオ用(インドア)ヘッドホン[HP-RX700]Victor オーディオ用(インドア)ヘッドホン[HP-RX700]
(2008/02/05)
ビクター

商品詳細を見る



最初はiPodの新しいカナル型ヘッドフォンを探してたはずなんだけど
今現在手元にあるのは室内用。おっかしいなぁ・・・どこで間違えたんだろう。

まぁそれはともかく、ちょっと使ってみた感想。
・第一印象「デカい」。コードも太いし、確実に室内用です。
・今まで使ってたものに比べると、なんだか音がはっきり聞こえる気がするのです。
 聞きなれた曲だと、あれ?あんたいたの?みたいな音が時々見つかって面白い。
・密閉型でそれなりに外の音を遮断してくれる感じ。
 これで曲聴いてるときに「ピンポーン」と来たら気づけるかがちょっと心配。
・左右からの圧迫が結構ある。個人的な感想としては長時間使用がしんどいほどではないと思うけれど。
 きっとそのうち慣れるだろう。
・頭頂部のメッシュ部分はなんだか高級感が。
 安いヘッドフォンだとこういうのないんですよねぇ。
 幅広でやさしくヘッドフォンを支える感じ。
・音質はフラットな感じ。前のよりは低音が聞こえてくるなぁ・・前の子の低音が弱かっただけかも。
 他の音を邪魔するほどではないので、程よい印象。
 そういうのが欲しくて探したんですよね~
 「作者が調整した元の音質が、一番の基本で作者の考えるベストなバランスだ」
 というのが基本的な考えなので。

私のイモな耳ではとりあえずこんなところか。
総じて今回のこの買い物には満足しているのです。


ヘッドフォンにもエージングというのが必要らしく、
それが終わるまでは本領ではないという噂ですが・・・私にゃ今のでも十分よ?
こっから使い込んでどんな変化があるのかがまたちょっと楽しみ。
私の耳ではさっぱり違いが分からなかったりしてね~w



これで音関係はサウンドボードをちょっとマシなのに変えたらひとまず満足できそうかな。
むしろそこを真っ先に弄れYO!って言われそうな気もしますが・・・。
で、そんだけ金かけて結局普段再生させるのはJ-Popやらergやら、ゲーム音楽やら。
激しく無駄金使いのような気がするがまぁ気にしない方向で。

  web拍手
BALDRSKYのサバイバルモードをちまちまとプレイ続行中。
Baldr Wikiを参考にコレダー始動で組んでみたらこれがかなり使えることが判明。
門倉コレダーなんてふざけた名前だからってバカにしてゴメンよ・・・

地上から撃つと一瞬足元に放電するだけで終わるから範囲が狭く使いづらく
普通に空中で撃ってもそれほど使えるという印象がないですが
(空中で)SDで横方向の慣性を付けた状態だと少しの間浮かんだ状態になり周囲に判定が出る+装甲つきで
多少無理やりにでも突っ込める、いい始動武器になりますね。
しかも当たった相手は吹っ飛んでくれるので当たりさえすればそこからコンボに持ち込める・・と。
周囲に放電しているところに千夏などの近接ファイターが突っ込んでくるとごっつぁんです!状態にw

空中に移行するための武装が必要な点や
ブーストゲージを消費しやすい点などの欠点も見られますが
それをさっぴいても優秀な武装ですね。


で、コレダー始動の装備に切り替えてこんな感じ。

100207コレダー始動武装スロット

コレダー→タックル→Jニー→地雷→Mアッパー (ここまでは始動を除けばDive1からの定番)
→Bアッパー→火炎放射→SDハベスタ (イニシャ使うならここで)
イニ後→タックル~SDハベスタまで同じ→ショットガン→コレダー→エクステ→波動砲

100207コレダー始動コンボフルヒット

とまぁこんな感じ。
NDAに仕込んだショットガンからでもコンボに入れるように組んである。
ショットガンは時々雑魚掃討にも役立ってます。

プレイヤーがヘタレなので、つながりやすいように組んでいるつもり。
イニシャ後のハベスタ以降のつなぎは結構無茶してるので時々ミスるのはご愛嬌 (-_-;;
ツッコミある方は歓迎なのです。

ここから更に欲を出すなら、エクステもNDあたりで使いたいんですけどね。。
そうできる上手い配置が思いつかない。
自分の腕前を考慮するとあまりコンボ中のボタンの行き来も激しくしたくないしなぁ。


この武装で何度かサバイバルにトライしたのですが、
最高記録が253ステージで、それ以降なかなかその壁を越えられず。
・・・というか、なぜかそれより大分手前で落とされるんですよねぇ。

500ステージとか1000ステージ↑などの動画を上げている人たちの領域は遥か彼方、ですなぁ。


そろそろプレイ時間がDive1から通算で200時間を越えそうな勢い。
前作もそうだけどなかなか遊べるよなぁ。
あくまでもエロゲ内比較にはなりそうですが・・・
ま、中には武装Lv上げの苦行の時間帯も混じってますけどねw

  web拍手
前のエントリで、千波SS声がないって書きましたが、
どうやら環境依存の声が出ないバグらしい。公式から落としてきたパッチ当てたら声付きました。
代わりにパッチを当てたことでセーブデータ全部飛びましたが・・・
これからやる方、修正パッチは最初に当てましょう!

修正パッチを探して当てるなんて基本、忘れてたのが痛いなぁ orz

そんなわけで、星空のメモリアFD、一通り終了。

星空のメモリア Eternal Heart星空のメモリア Eternal Heart
(2010/01/29)
Windows

商品詳細を見る


本編でくっついて終わりになった夢、メアの2名分のアフターストーリーと
本編ヒロイン5名のショートストーリーの詰め合わせ。
メア、夢については本編でくっついた後があまり語られなかったので
そこを補う形でのAfterStoryという構成ですね。
アフターストーリーは大体3~4時間くらいで読み終わるくらいの分量で
ショートストーリーは1時間程度の分量。
全部合わせて本編の1ルート~2ルートくらいの分量といった感じでしょうか。
金額と比較するとちょっと割高な気がする。
まぁ、ファンにとってはFDでの追加要素の中身に満足できれば金額はそれほど問題ないのかも・・・?

飛鳥の妹がどうなったか?という話や
夢ルートで二人が結ばれた後、エピローグでの子供を連れて丘へ行く場面までの間にある
数々のエピソードを補完する内容となっています。
結局、親の世代のエピソードについては補完なし。本編で語られた部分が全てってことになりそうかな。
そのあたりも掘り下げてみたら面白そうだと思ってたんですけどね。

千波だけ中の人が変わってる。
最初聞いたときは違和感があったけれど、少しすれば慣れるくらいのものですね。
割と声質が似た人を新しく連れてきたっぽいかな。
前の人は都合がつかなくて代役ってとこなんでしょうか。
うるさい感じがしなくなって個人的にはこちらの方が好みかも。
本編では千波の声だけ他の8割くらいにボリュームしぼってましたが今回は必要なさそう。

HなシーンはAfterストーリー側で2~3枠、SSでは1枠ずつ。
まぁ全体の長さを考えるとこんなところでしょうかね。
制服、ドレス、メイド服にスク水、各種取り揃えております??

■メアAfter Story
 メアEnd直後のメア、洋&周囲のお話と
 本編でちょっとだけ出てきた星天宮総本社の巫女、飛鳥の妹についての追加エピソードというところ。
 本編と時系列が近い分もあり、本編の雰囲気をよく受け継いでいてキャラ同士のやりとりが楽しい。
 メアもデレデレになるかと思いきや、普通にカマでどついたりとあまのじゃくな行動で
 その向こうに本音が透けて見えるあたり、変わらない様子を見せてくれます。
 仲間とのやりとり、親たちの心配り、星神たちの活躍などなどと盛りだくさんで
 このメアAfterが一番力入ってるんじゃないかなと思う、良い出来ですね。
 

■夢 After Story
 こちらは退院した後、エピローグの子供を連れて丘へ行くシーンまでの間の補完。
 夢とのイチャラブ成分も本編では不足してたからこれはこれでよいかなと思う。
 話を展開する期間が長く、その分密度は薄くなった印象ですね。
 子供に話して聞かせる形での展開という演出が面白い。
 この子、本当にメアの生まれ変わりなんですねぇ。しぐややセリフがそっくり。
 記憶までは受け継いでいるのかどうなのか。

 飛鳥の妹の存在や雪菜先輩の処遇など、メアの話で出てきた設定がいくつか
 説明なしに使われているので、メアAfter→夢Afterの順番でやった方が話が分かりやすいのでは。

 それにしても、高校卒業して大学に通いつつすぐ結婚て・・。
 周囲(特に住まわせてくれてる詩乃さん)が許してくれるからこそできる芸当だね。
 一人食い扶持が増える分とかの負担は大丈夫なんだろうか、などと余計なことを考えてみたり。
 大学通いながら学生結婚、なんて聞くとついそんなお金関係の心配が頭をよぎるのでした。

 メアAfterに比べると、どうしてもオマケ感がただようなぁ。内容的にもオマケっぽいか。
 

■ショートストーリーたち
大体1時間くらいで読み終わってしまう、本当にショートなストーリー。
恋人同士の後日談ってところでしょうか。
べったべたの甘々やで~。

明日歩のしっぽパタパタ犬風味とか
こももの 説得→あれ?→再説得→・・のアクシデントに弱いところとか
こさめの「えいっ!」のチョップなどなど、
各キャラの特徴的な可愛いシーンはちゃんと盛り込んでいるところがGood。
内容的には悪くないだけに、分量の少なさが残念ですね。あっという間に終わってしまうので。

どっかのSSで部分日食ネタがあったなぁ。ちょうど時事ネタで拾いましたってとこですね。
自分のとこでは曇ってて見られなかったんだよなぁ・・・。


■総論
やはり値段に比べてこのシナリオ量はちょっと足らないような。
各ヒロインのはショートストーリーだからまぁ仕方ないとしても
Afterストーリーの2本はもうちょっとこの物語に浸れる長さが欲しかった。
本編のファン以外は多分手を出さない代物だろうけれど
ファン的にももうちょっと尺が欲しいです、という感じになりそう。

本編の雰囲気をちゃんと継承しており、天くるの仲間たちと星神たちとのやりとりを楽しめる。
内容的には悪くないんだけどなぁ。


とりあえずこれでこの作品ともひとまずオサラバか。
飛びぬけたところはないけど良いお話だったと思うのです。(主に本編)

オマケ:本編の感想はこちらに。⇒星空のメモリア 感想。

  web拍手
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。