たこさん's 雑記&日記

ゲームの話を中心に、日々思ったことなどを書き綴っています。モンスターハンターとPCゲーム(銀色シール付き)、ボードゲームの話がメイン。
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  web拍手
サブタイトル間違えて読んでた~orz
- the out of infinity - だとさ。
これだと・・永遠からの脱出?
infinity=ループのことっぽいですね。

少年編の序盤プレイ中。やはり序盤はダルいなぁー。
集合するときの経緯とか、微妙に武編と違う感じなのは面白いが。
ココには予想の付きづらい謎がありそうですねぇ。
二人の声→一人しかいない⇒シュレーディンガーの猫?などと思ったが・・・

色んな謎が気になっているうちにやらないとまた投げそうだから頑張るべ。
仕事ある日はなかなか進まないけどな~。

未プレイの人へ:分からないネタで申し訳ない。
プレイ済みの方へ:てんで方向違いの事書いてたらクスリと笑ってやってOKですw
            プレイ中のあーでもないこーでもない、をあえて書き記してる状態なので。

武編後半ネタばれを含むものは以下に。

  web拍手
昨日久々に仕事仲間兼狩り友な方と一狩り行ってきました。

最近しばらくmhp2G触ってなかったので腕が落ちてるかなーと
心配してましたが、思ったよりはきちんと動けてよかった。
メイン武器弓でのR照準なしのエイムが少し下手になってて外しまくりましたがw

お互いにメインキャラの欲しい素材等忘れてましたので
てきとーにいくつか狩りに行ってきた感じでした。

XlinkKaiでは上手くできない(やりかたを知らないだけかも)集団訓練、チャレンジクエストが
できたので、それだけでも私としてはありがたかったかな。
ティガ2匹はきつかった・・一人じゃ無理だわ、私には。

おっことぬし様・・もとい巨大イノシシに轢かれ
ティガレックスの突進を食らい
リオレイアのサマーソルトを直撃でもらい
テオにこんがり焼かれ。
ってーないつも通りのヘタレプレイですが楽しかった。
お互いレア素材は出なかったようですが、まぁ楽しかったから良いのさw

知り合いとやるのは、Kaiで知らない人とやるときと違って
気を使わなくて良いのがいいです。

やはりモンハンは人と一緒にやってこそ、かなぁ。


おまけ:モンハンゴルフ、だそうです。
面白い事を考える人もいたものですねぇ。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm4747669

こういう本来の使い方とは違う、面白な事を考え出せる
発想力を持つ方は尊敬に値すると思うのです。

  web拍手
ここの名前も知人に晒す前に考えないとなぁ・・・
こういった名前を考えるのは苦手ですよ、全く。
てな訳でお名前募集中です(ぉぃ

Ever17、2シナリオ終えてからの思いついたものをとりあえずメモ書き。
本人の覚え書きのようなものなので、他人が見ても面白くないかも知れず。

ネタばれなんで隠しておきましょう。


  web拍手
お仕事仲間に勧められて、激しく今更ながらもプレイ中。
ADVとしては名作だよーとの事ですが・・・




  web拍手
引き続いて2009年1月戦線第2弾。

スズノネセブン!スズノネセブン!
(2009/01/30)
Windows

商品詳細を見る


クロシェットの第2作目、スズノネセブン!の感想など。

1作目のかみぱに!が一部キャラにて残念だったんで、
体験版やるまではあまり興味がありませんでしたね。
体験版のスーパー妹タイムに悩殺された方が多かったんではないでしょうか。
私もその一員なわけですけれどもw

これについての感想は・・・看板に偽りなし!
これが大きいんじゃないかな、と。
公開された情報から期待していたものを過不足なく見せてくれた、
こういう作品って割と貴重なのではないかと思います。
予想しない展開に進んで「なんだこりゃ?」とか
説明不足で肝心なところが消化不良とか
風呂敷広げすぎてたためませんでした、とか。
そういったものを感じさせず楽しく読めた良い作品だったと感じました。

内容はトライアルの課題をヒロインと協力して乗り越えていくといった感じの
割と王道な流れですね。
話の分量的にはちょっと小ぶりかな?という感じですが
個別ルートが分量に比較して長めなのでそれほど気にはならなかったです。
主人公が空気の読める、自分から動く系統のキャラなのも楽しく読めた要因かな。
そのRead Air能力を少し私にも分けてくださいなw

個別感想については、気が向いたらまた書きましょうかね。
それでは。

  web拍手
さて。
第一号記事ということで何を書こうかなぁと考えましたが
さし当たって2009年1月戦線でも振り返ってみましょうかと。
そんなわけで今回は「おれつば」について自分なりに感想などなど。

俺たちに翼はない -Limited Edition-俺たちに翼はない -Limited Edition-
(2009/01/30)
Windows

商品詳細を見る


私にとっては
・5年(もっとだったか?)待たされたぜアンチクショウ
・最後まできっちり書ききった王雀孫さんのシナリオってどんなだろ?
なゲームだったわけですが・・・

王雀孫さん最高!(あくまで個人の感想です。)
この一言に尽きます。
書き手からのメッセージをビンビンと感じるゲームというのも久しぶりですね。
読んだ後に「面白かった~」以外の何かを残していくゲームって好きです。
受け取ったメッセージについては・・ゴメンナサイ。しばらくは半分くらいは従えませんが。

長期延期しているゲームに今までいい思い出がないので
正直「こんだけ延期しまくってるヤツなんか知るか」とか
「いい加減待たせすぎ。評価待ちでいいか」と
2週間前まで思ってた訳ですが、(Preludeはその理論でスルーしてます)
Web体験版をやって俄然楽しみになりました。
まぁ、それでも一抹の不安は拭えなかったんですがね・・・
よくある「体験版範囲だけ面白い」な罠がありますので。

ま、そんな内部事情はさておいて肝心の中身についてですが
1.萌え*2を期待する方には向きません
2.現実とかけ離れた仮想世界を楽しみたい人にも向きません
3.暴力表現、その他違法物の話題等に拒否反応を持つ方にも向かないかな(一部シナリオ)
4.序盤(特に1章タカシ君編)がツライけど泣かない!最後まできちんとやりましょう。
と、まぁクセありまくりですね~。
かなり人を選ぶタイプだと思うので、万人には薦められないな。
一つの指標として、王さんの前作「それ散る」が面白かった方はやる価値があるかと。

やってみようかどうか迷う方は、一度体験版をやってみることオススメ。
3種類やってみて、つまらないと思う方にはお勧めしませんです。

ネタバレ付き感想については格納してしまいたいんだが・・どうやるんだ?
やり方がわかったら続きを書こう、ということで。

  web拍手
とりあえず作ってみましたですよ。
まずは機能の把握からしないといけませんねぇ。
ブログなんてやるの初めてだし。
人の目に晒せるものになるのはいつのことやらww

目標:3日坊主にならないこと!

  web拍手
※最新記事にする必要がないため、あえて過去の日付で登録しております。

私の好きなゲーム達の紹介などを書いてみた。

管理人の好きなもの。
・18歳以下お断りなPCゲーム
・(一般の)ゲーム
・ネットゲーム(今はやってないけど)
・ボードゲーム
と言ったところ。見事にゲームだらけですw


以下で、ジャンル別に語ってみましょう。

■普通のゲーム
S・RPGとかRPG、SLGとかが基本的に好みかな。
ACTなどもやれるが、対戦格闘はもうついていけない。

・タクティクスオウガ
・A4
・ジルオール
・MHP2G
このあたりが個人的な殿堂入り。
RPGは最近はなかなか最後までできなかったり。

■PCゲーム(一般)
こちらはあまり数やってないですね~
やった中で面白かったのは・・
・StarCraft:RTS(リアルタイムストラテジ)ゲーム。洋ゲーですね。
 こんなゲームです⇒Volunteered Slavery - Starcraft Overview
 特徴ある3つの種族を選んで、とある星の土地で戦争をするゲーム。
 まぁ対人戦ができるほど上達しませんでしたが(-_-;;

■18禁なゲーム
大学時代に知人より紹介されてやったKanon,ONEあたりがきっかけでこっちの道に迷い込んだ。
最初の頃やったのはKanon、ONE、Air、To Heartと典型的な葉鍵系。
で、それらをプレイした直後あたりに某サイトでプッシュしていた
ねこねこソフトのみずいろ、アージュの君の望む永遠をプレイ。
さらにこの業界にどっぷり浸かってしまった。


以下、傾向と対策。

 ○お気に入りのメーカーなどなど。(過去形含む)

 ・Key
 ・TYPE-MOON
 ・ねこねこそふと (こないだ復活して喜んでます)
 ・Clear (すでにつぶれてます)
 ・HOOK
 ・オーガスト
 ・キャラメルBox
 ・PULLTOP
 ・ぱれっと
 ・戯画 (まるねこ作品とバルドチームのみw)
 ・うぃんどみる
 ・あかべぇそふと、暁Works ←最近勢いが良さそうなんでチェック中。

 どちらかというと眠ゲー寄り&無難な大手(?)が並んでるなぁ。

 ○お気に入りのライター
 ・山田一、田中ロミオ (作品:家族計画、CROSS†CHANNEL)
 ・丸戸史明 (ショコラ、パルフェ、この青空に約束を、世界で一番NGな恋)
 ・王雀孫 (それは舞い散る桜のように、俺たちに翼はない)
 ・丸谷秀人 (ゆのはな、遥かに仰ぎ、麗しの)
 ・健速 (こなたよりかなたまで、遥かに仰ぎ、麗しの、そして明日の世界より)
 ・るーすぼーい (車輪の国、向日葵の少女)
 
 並べてみるとあまり面白みがない気がする。有名どころばっかりですねぇ。


 ○Myお気に入りのゲームたち。
 ・鍵作品全般。
  これは鍵から入った人間として避けられない運命w
 ・君が望む永遠
  主人公がヘタレだとよく言われるが、あの状況じゃあんなもんじゃないかなと思うわけで。
  ⇒俺もヘタレ仲間?
  緑のトラウマは未だに拭えません。
 ・螺旋回廊&螺旋回廊2
  トラウマメーカーその2。
  あのクリスマスプレゼントは衝撃的だった。
 ・とらハシリーズ
  思えばこいつらもこの業界にはまるきっかけの一つだったな。
 ・てのひらを、たいように
  これがClearの(新作としては)最期だったなぁ・・・
  てのひらを、編の友情物語が良かった。
 ・パティシエなにゃんこ
  かんなぎ絵とあのお店の雰囲気が好き。
 ・処女はお姉さまに恋してる
  これが出る前後はちょうどまりみてブームだったっけなぁ。
 ・BALDR FORCE EXE
  戯画のバルドチームを知ったきっかけ。
  武装の開発、どれをつけるかのチョイスが楽しいですね。
 ・つよきす
  有名どころだけど一応上げておこう。
 ・もしも明日が晴れならば
  メインヒロインが最初っから死んでて幽霊というのは斬新。

 まだある気がするけれど、ぱっと思いつくのを出してみた。

■ネットゲーム関連
一時期はまってやってましたね~。
しばらくの間とことんはまってやりこんで、ふと飽きて消え去る口ですw

・リネージュ
 ネトゲ導入はこのゲーム。ベータテストの後半~課金開始後半年くらいまでやっていた。
 ハイネ、火山導入ちょっと後くらいまでだったかな。
 2Dのクリックゲー、韓国発のものですね。
 正直はまりすぎて色々と危なかった記憶ががが・・・
 IntWiz→ひ弱すぎたのでConWizに作り変え、あとはエルフを作って遊んでた。
 メインキャラで46くらいまでだったから大したことないですねぇ。(確か47~のレベル上げがきつい)

・FF11
 リネに飽きたころ、これが始まって好調?だったのでこっちに移行してきた。鯖はユニコーン。
 魔術師系をやりたかったのでタルタルのウィン在住、白メイン、2番手が詩人でやってました。
 最終到達Lvは白63、詩人50、黒37くらいだったかな。
 PTプレイメインはきっちり連携が取れると面白いけれど、
 PT組まないとまともに稼げないのはちと辛いところ。
 やってたジョブが白黒詩赤あたりがメインで、どちらかと言えば誘われやすいタイプだったから
 贅沢言い過ぎなのかも知れませんが・・・オートリーダーのスキルはついに取得できませんでしたw
 リンクシェル(=ギルドみたいなの)にも入って色々と楽しく遊ばせてもらったのは良い思い出)
 これやEQなど、パーティーを組む必要のあるゲームは自然と1回のプレイ時間が長くなるのが玉に瑕。
 1回あたり2~3時間連続くらいはできないと、なかなか稼ぎに行くパーティーに参加しづらいんですよねぇ。

 大体1年半~2年くらいやって、物理系ジョブの万能さと魔道士系のソロ性能の悪さあたりが
 不満だったところで、これの元になった洋ゲー、EQの存在を知ってそっちに移住。

・信長の野望Online
 FF11と並行してちょっとだけやってた。
 どうもあのバトルのシステムに慣れずすぐ止めてしまったが
 採集、生産のあたりは少し楽しめたかも。

・EverQuest JP
 FF11のシステムがこれを参考にしていたと知り、じゃあ元はどんなだっただろう?と始めてみた。
 UOと並んでかなり古いオンラインゲーム。
 何の予備情報もなしに、ポンと街中へ放り出されるあたりや
 街の人なども殺そうと思えば殺せる(何故か外のMobより強いですがw)あたりの自由度が洋ゲーらしい。
 いると便利なクラスは色々いるが、いわゆる「必須」なクラスがいないあたりが良バランスだと思う。
 (プレイヤー側で理想のパーティーを組む為に、必須呼ばわりしているのは除外して考えると、の話)
 本場アメリカにてEverCrackと呼ばれたのはダテじゃないですねぇ。
 
 日本語版のTranquil鯖で、メインはEnchanter。
 こいつは何をする職かというと・・・
 いわゆる「寝かせ屋」「Crowd Controller」で、敵がたくさん寄ってきてしまった時に
 みんなが叩いてる以外の敵を魔法で寝かせて安全を確保する係。
 FFだと、3匹も一緒に来てしまったら「逃げろ~!」となるところを
 寝かせ魔法で上手くさばいてチームの安全を守る、そんな職業。
 また、Mana(=MP)の回復を早めたり、物理攻撃の回転を上げる補助魔法や
 敵の攻撃頻度を下げる補助魔法なども使える補助魔法使いでもある。

 てな職業で、FF11ではひたすら前衛の回復やってたから
 敵の誘導に失敗してたくさん来た時など、自分の見せ場が来るのが楽しかった記憶がある。
 あとはBuff(味方にかける補助魔法)が強いゲームなので
 いかに切らさないよう管理するかを色々考えてみたりしてたなぁ。

 FF11と比べると、全体的に魔法が強め(攻撃魔法、補助魔法、回復魔法どれも)で
 魔法使いやってて楽しいゲームだった。
 FF11の魔法使いって、(自分のやってた頃では)前衛の回復薬なイメージだったからなぁ。
 別に補助するのがイヤではないのだが(むしろ縁の下ジョブは好きですが)
 黙って回復だけしてればいい、補助魔法も効果が薄い、見せ場も特にない、
 では流石にちょっと面白くないのです。
 
 まぁFF11に対するコメントは置いといて・・・
 EQは各所にあるダンジョンをパーティー組んで潜っていくのが面白かった。
 決まったルートを巡回してるMob、立ちの番のように動かないMobなどが組み合わされた配置を
 どうやって崩して進んでいくか。ダンジョンを攻略しているという感じで上手くできると楽しかった。
 こう思うのは、自分が集団制御をする、ダンジョン攻略のキーをやってたからかも知れない。

 また、魔法の種類も多彩で、その中から使えるように準備しておけるのが8スロット。
 どれをスロットに常備しておくか考える必要があるあたり、面白い仕様だった。
 別種族に姿を変えられたり、小さくなったり、役に立つような立たないような魔法などもあるのがGood。

 長くなりましたが、バランスの取れた楽しいゲームだったと思う。
 日本語版のサービスが終了となり終了。さすがに英鯖まで行って続けるのはできなかったなぁ。

・Redstone
 仕事場の、それほどゲームと縁がなさそうと思ってた方からお誘いを受けてやってみた。
 基本は無料の2Dクリックゲー、かんこっく産。
 でもそこそこ快適に遊ぶには2500円/月くらい必要だったりする。ちと高いよ・・。
 Lvアップで取得するスキルポイントを振り分けて、自分の好みの形にスキルを取得していくタイプ。
 ただ、効率を考えると何パターンかくらいになってしまうんですよね・・・。
 ギルドvsギルドのPvP戦が出来るギルド戦のシステムもあり、これはそこそこ面白かった。

 ファイアエンチャントという、攻撃に属性ダメージを付加する補助魔法をメインに使用する
 エンチャWizで遊んでました。やっぱり補助系が好きみたい。
 途中から色々と浮気して中途半端になってましたがね~。

 ソロでもそれなりに遊べるのは良かったけれど、やはり半年ちょっとで飽きました。
 クリックゲーはもういいや、という感じ。

ネトゲ履歴は以上。
こいつらやってた頃は金使わなくて良かったけれど、代わりに時間を無尽蔵に使ってた。
今はもうネットゲームで遊ぶ暇なんて確保するのが難しそうですねぇ。
ギルドメンバーで、社会人とかいましたが、どうやって毎日時間確保してたのかが不思議だ。


■ボードゲーム関連
 とある知り合いのお店に出入りしていた頃に踏み込んだ世界。
 カタン、モノポリーなどの有名なのから、ドイツ製のものなどもいくつかやりました。
 以下、お気に入りのものたち。

・TITAN
 一番やったのはこれかな。
 サイコロ振ってマップ上を移動していきつつ、自分の軍団を増やして敵勢力のタイタンを倒すゲーム。
 強いクリーチャーを増やして戦力を増強していき、それらをぶつけ合う戦闘が楽しいですね。
 マップ中央は最終的に強いクリーチャーを呼べるところだけど、そこまでには
 何度もマップ中央部へ踏み込まなくてはならないし、簡単に移動できるわけでもない。
 外周部は逆でそこへ行くのは簡単だが、成長限界が見えやすかったりと
 一長一短の作りになっていて、サイコロの出目と相談して戦略を考える必要がある。
 面白いゲームなんですが、いかんせんプレイ時間が長い。
 30分で片がつくこともあるが、決着が付かないときには6時間コースとかザラ。
 そんなわけで、これをメインでやってた集まりに行けなくなってからはご無沙汰だなぁ。
 こんだけ重いゲームだと、そう簡単に付き合わせるわけにもいかず。

・カタンの開拓者
 バンダイが販売してるバージョンもあり、ボードゲームの中ではメジャーかな。
 島の開拓ゲームで、自分の拠点のある土地から資源を集めて道を伸ばし、新たな拠点を立てる。
 そうやって一定数ポイントを稼いだものの勝ち。
 サイコロの出目は気まぐれだということを思い知らされるゲームですw
 序盤に必要な資源と、後半に必要な資源が異なるあたり、バランスの取り方が上手いと思います。
 最初の初期配置次第では、かなりきついゲーム展開になるあたりがちょっと残念かな。
 まぁその場所決めも含めてゲームなんで、ミスしたやつは自業自得ですが。

・あやつり人形
 5~7人くらいが楽しいゲームかな。
 8つの職業からどれかを選ぶ際の、どの職業を選んだかの読み
 自分はどれを選んだら得になるか考えて職業を選ぶ。ここが面白いゲームかなと。
 人数大目じゃないと面白みが出ないから、やる機会がなかなかないゲームでもありますね。

・6ニムト
 周囲がどのあたりの数字を出すか、の読みあいゲームかな。
 これも4人くらいはいないとハプニングが起きづらく、面白さが出ないかなぁ。

・ごきぶりポーカー
 嫌われ者をおしつけあう、ブラフゲーム。
 一人の負けが決まるゲームだから、リーチかかった者への追い込みがハンパないですねw

こんなとこですかねぇ。
手軽に持ち運べて面白いゲームを探し中。
どでかい箱のは、持って帰ったりできづらいのがなぁ。


とりあえず以上。
ついつい長くなっちゃいましたね。
自己紹介になってないというか、単に好きなゲームの話を並べただけだw

現在は銀シールつきゲームをそこそこ、携帯ゲーム機のゲームをちょこっとやっている。
日常のネタや、その日思ったことなどなども混じりますが、
基本的にはここはゲーム関連のネタの集積場。

  web拍手
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。