たこさん's 雑記&日記

ゲームの話を中心に、日々思ったことなどを書き綴っています。モンスターハンターとPCゲーム(銀色シール付き)、ボードゲームの話がメイン。
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  web拍手
一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)
(2009/07/18)
ジョージ・オーウェル

商品詳細を見る


ずっと読もうと思いつつ積んでた本の一つを崩してみました。
なかなかに歯ごたえがありましたね~。都合2週間くらいはバッグの中に入れてたかな。

社会主義の行き着く先、全てを党が握り、監視する管理社会を描いているお話。
現在の情勢に合わせてあらゆる過去の記録を改竄する「真理省」
そこで働くウィンストン・スミスがあることから党に疑問を抱き、追求していくお話。

救いのない結末なのはある程度予想してましたが、
それよりも国民を支配する各種システムがすごく上手に描かれていて、これに恐怖を感じます。

テレスクリーンというTV+カメラのような機器で各部屋の中まで隅々を監視し
党に反することを考えただけで思考犯罪として捕まってしまう世界。
言葉を作り変え、言葉の意味や語彙そのものを減らすことによって人々から高度な思考をする能力を奪う。
国内全ての出版物を党が管理し、現在の情勢に従って都合の悪いものは全て回収し書き直す、
この書物の改竄により人々から歴史を奪う。
全ての情報は党が管理し、都合の悪い情報は流れない仕組みとなっている。
子供は親を見張り、告発するように教育し、
性行為をただの繁殖行為、党への義務として快楽を否定する教育を施すことで
親と子、男女の結びつきを壊す。
党中枢を天辺とした組織をつくり、中枢以外の者達を貧困に留め置くことで
それぞれの生活に手一杯の状態にさせ、余計な知識をつけさせることを防ぐ。

これらのシステムを統合して、ゆるぎない党の管理社会が出来上がっている。

戦争は平和なり
自由は隷従なり
無知は力なり


これが党の3つのスローガン。
これだけみたらなんのこっちゃ?と思うのですが
読み進めて行くとなるほど、党の支配システムをうまく言い表しているのだなとわかる。
「真理省」「愛情省」「潤沢省」これらの名前もすごい皮肉なんですよね。
このあたりは読めばわかるさ。


この本が書かれたのが1949年、第二次世界大戦が終わったすぐ後で
ソビエトなどの共産主義が台頭してくる頃ということを考慮に入れると
広がっていこうとしている共産主義、全体主義の恐ろしさを広めるための意味が
多分に含まれた作品なのかな、と思います。

今この党の形に近いところが2箇所ほど、近隣諸国にあるような気がしますねぇ。



「二重思考」"Double Think"
これが一番のキーワード。
矛盾する二つの事項を等しく信じる思考。
故意に嘘をつきながら、しかしその嘘を心から信じていること。
都合の悪くなった事実はすべて忘れ、後でそれが必要となった時には、必要な間だけ思い出すこと。
客観的事実を否定し、その間ずっと、自分の否定した事実を考慮に入れておくこと。

なんともややこしい不思議な思考法だことで。
でもなんか、現実にもコレの使い手、いるような気がしませんか・・・?


一言でまとめてしまうと、
「完全管理社会、怖いな」という事になるか。
ちょっと読み進めるのが骨でしたが、良い作品だったと思います。

  web拍手
民間防衛 新装版―あらゆる危険から身をまもる民間防衛 新装版―あらゆる危険から身をまもる
(2003/07)
不明

商品詳細を見る


ネットのどこかで紹介されていた本。

憲法9条があれば日本は平和でいられる、と唱える人たちに
一度読んでみてもらいたい本
かなと思います。

「他国の侵略」「戦争」というものを真正面から捉え
国家を存続させる方法を書いた、危機管理マニュアルというところ。

核戦争までをも想定した避難所を都市の各所に作り
一般国民にもそれぞれの後方支援等の役割を割り振り、そのための教育を施し
各家庭、避難所で常に緊急時の為の食料等の備蓄をさせる。
「第三次世界大戦が勃発しても生き残る国民はスイス人だけであろう」
と言われるのは伊達じゃありませんね。

災害、戦争時の心がけと対処法、現代の精神的な侵略とそれに対する心がけ、
団結して立ち向かえた場合とそうでない場合のシミュレーション、
はてまた占領された後のレジスタンス活動についてまでと
様々な場合を想定した敵の攻撃方法と、それに対する国民の対処方法が書かれています。
特に侵略を受けた際のシミュレーションは結構ショッキングな内容もあったりしました。
だからこそ、それを阻止する為に国民が一体となって対抗しよう、という方向になっています。
それに、この精神的侵略のシミュレーションのあたりですが
なんか日本の現状と思い切りかぶるんですよね・・・人ごとではないんじゃないか?


あらゆる危険を考え、それに対する対処法を考え
このような本としてまとめて国民に配布し、徹底しようとしている。
他国と地続きで、何度も戦乱に巻き込まれてきた国だからこそ
奇麗事では国は決して守れない、平和は絶えず努力して得るものだと身に沁みているのでしょう。
どんな事がおきても、国や国民を守るという意思が感じられます。

翻って日本は一体どうしたいのか?どうするべきなんだろうか?と思わされる一冊。
これからの日本の国防、外交などを考えるために、多くの人に読んで欲しい本です。


特に今のこの国の状況に近いと思われる、
武器を用いない侵略についてまとめたサイトがあったのでご紹介。
スイス政府「民間防衛」に学ぶ


  web拍手
新世紀のビッグブラザーへ新世紀のビッグブラザーへ
(2009/06/23)
三橋 貴明

商品詳細を見る


「人権擁護法」「外国人参政権」などが実現すると、
日本社会はどのように変貌を遂げるのかー

人権保護法による言論統制、情報統制がされた世界はどんなものか。
近未来の日本(=話中では第三地域)を描いたお話です。

作り話と笑い飛ばせない、恐ろしい世界。
これは現在の日本の状況を元に著者が考えた、近未来の日本の姿。
重要な話は意図的に知らされず、人権侵害との訴えに
怯えて過ごさなくてはいけない第3市民(=日本人)。

・第2市民(=朝鮮人)の怪しいデリバティブ取引を断っただけで
 人権侵害をでっち上げられ、PC、ビデオ、携帯等全て調査の為に持っていかれ
 テレビで「人権犯罪人」として名前付きで報道される。
・第2市民(=朝鮮人)の恋路を知らぬうちに邪魔していたため、
 嫉妬から人権侵害をでっち上げられる。

以上、人権保護法の適用例を抜き出してみた。
訴えられた人は、弁護士もなく自力で「人権侵害の発言等をしていない」事を
証明すればよいのですが・・・これは悪魔の証明。

・訴える側:「コイツが人権侵害をしたんだ!」と一言人権委員会に訴えるだけ
・訴えられた側:そのような事をしていないと言うことを証明する必要がある。
言った、言わないの水掛け論になることは目に見えてますね。
そして基本的に人権委員会は訴えた側の人間の肩を持ちます。
(元々そういう考え方の者が人権委員につく事が多い)
さあ、どうなるかは目に見えていますよね。訴えられた側の人権って何でしょうね?
他に例えるとするならば、痴漢冤罪あたりが分かりやすいでしょうか。
そちらの場合繊維鑑定とかいう便利なものが出てきているようですが、
そういう物的証拠をなしに痴漢をしていない事を証明しろ、と言ってるようなものです。
※ちなみに、司法とは別の機関であるため、控訴、上告などはありません。

「真実なんて実際にはどうでもいいんだよ。自分を被害者だと強調して、相手に加害者意識を
持たせれば、相手より優位に立てるじゃないか。」
第2市民(=朝鮮出身)の青年のセリフですが、いわゆる差別利権というものです。
在日とかが有名ですね。
人権保護法を成立させれば、これがゆるがない強大な権力になる。
権利を逆手に取った権力者に、反対意見を述べることもできない。
そんな恐ろしさを秘めた法律だということが分かります。


中国、朝鮮、日本が一つになった、大アジア人権人権主義市民連邦。
通貨は統合され、形としては中国の傘下に朝鮮、日本が収まった形となっています。
過去の歴史等都合の悪い文書を全て回収し日本人から抽象的、高度な思考を奪う「ゆとり文字化」。
政府のプロパガンダを発信するだけのテレビや新聞等のメディア。
連邦から外へ出るIXにて、全通信を検索し都合の悪い通信を遮断するパケットフィルタ。
(=連邦内が世界から隔絶されているという意味を込めて、イントラネット大アジアと言われる)

これらを通して情報を統制し、市民を都合のよいように動かす仕組みができている。
なんか、どこかの共産主義な国の仕組みによく似てるような気がしますね~
そこに組み込まれたのだから当たり前の帰結か。
そこは市民は大切なことを知らされず、政府からのプロパガンダのみを信じて
日々騙されて暮らす世界となっています。
・・・これが、私たちの望む幸せな世界なんだろうか?
物語中では、外国に拠点を置く反連邦組織の一員として
外の情報へアクセスできる主人公を通し、内外の情報差を見ることになります。


メディアスクラムを組んで片寄った報道ばかり流すマスコミ
「日本は日本人だけのものじゃない。」や「友愛」を説き、
中国、朝鮮に優しい政策を実行する政府。
日本を否定し、外国寄りの主張をする「知識人」
これらにより、自分の国や自分たちに対して自信を持てない国民。

これらって、すでに現実になってる or 現実になろうとしてる事ですね。
後半での中国共産党員おえらいさんとの対決で、
これらは保守政府の転覆、革命を起こし国を乗っ取る為の方策だと明かされています。
現実でも、なんかそんな資料ありましたねぇ・・・ソース忘れたので貼れないのが残念ですが。


無関心で放っておくと、日本の未来はこうなるかも知れない。
情報を操る静かな戦争。それはもうずっと昔から始まっていたのです。
重要法案が通る前の今が分岐点。
今日本人は岐路に立たされているんだ。
そんな警告の意味を込められた作品だと思います。

民主が政権を取ったこの時代だからこそ一度読んでみてはどうでしょうか。
彼らの「政権交代」がなんだったのか、それを見極める視点の一つになるかと思います。

  web拍手
とてつもない日本 (新潮新書)とてつもない日本 (新潮新書)
(2007/06/06)
麻生 太郎

商品詳細を見る


総選挙前にこの方の主張が気になって買ってみた。
ものすご~~く今更感が漂いますが、まぁそこはそれ。

あとがきまで含めて新書サイズ、190pほど。
大体1時間~1時間半もあれば読めてしまうくらいの軽めの文章量。
読みやすい文章なので、さらっと読めてしまいます。
さしずめ、麻生太郎入門って印象ですね。


テレビや新聞のニュースでは、毎日悲惨な事件や日本のこれからを悲観するような
数々の報道が流れている。
だがちょっと待て。日本はそんなに「駄目な国」なのか?
課題もまだまだあるが、日本はマスコミが言うほどには悪くない。
まだまだ大いなる潜在力を秘めているんだ。


なんとも元気付けられる言葉じゃないですか。

この視点から日本の底力を再確認しつつ、アジアの中の日本の立場や
ニートの問題&日本のソフトパワー、高齢化や格差、地方分権の問題、
外交の見解について述べられています。

中には「ちょっとその見方は・・・」という物もありますが、
世間一般で言われている(マスコミで報じられている)ものの
アンチテーゼとして書かれているようです。
マスコミ、報道ではこう言ってるけれど、見方を変えたらこうも見れるんじゃないか?
と投げかけ発想の転換、考えるヒントにして欲しいと謳っている。
報道の言うことが全て正しいわけじゃない。
マスコミの報道から得た情報をノーチェックで鵜呑みにするのではなく、
自分できちんと調べ、考察して欲しい。
そんなメッセージが見えてきます。

他にも
  ・アジア内でいち早く民主主義体制となり築いてきた経験はこの国の財産であり、
   先駆者(Thought Leader)たる資格がある
  ・結果平等ではなく機会平等であるべき(格差について)
  ・日本のソフトパワーは世界に誇れる物。もっと新しい文化に期待してよい(日本の底力)
  ・必ずしも老い=悪ではないんじゃないか。
  ・守られるだけでなく、働く気のある、働ける老人は元気に働いてもいいじゃないか(老人問題)
  ・政治は目の前の事も大事だが、未来に希望を持てるように考えるのがより大事だ
  ・アジア各国の民主化、経済発展の手助けをする伴走ランナーを務めていこう(外交見解)
などの主張が書かれています。

日本という国をよく見つめて、考えているのだなと感じますね。
外交プランの「自由と繁栄の弧」「価値の外交」については
現在の日本にできそうな良い案だと素直に感心させられました。
詳細は別著にて発行されているようなので、そちらも読んでみたいです。

「悲観論は気分、楽観論には意思がいる」
この本とは別件の麻生さんの言葉ですが、いい言葉ですね。
後ろや足元を見るばかりではなく、強い意志を持って前を向いて歩いていこうじゃないか。
この本からはそんなメッセージも聞こえてくるように思います。



テレビで散々読み間違いやカップ麺の値段が分からない等でバッシングされていた首相が、
どういった事を考え、1年近く頑張っていたのか。
それをかいま見れる1冊です。

テレビじゃ、悲惨な事件、悪い事ばっかり言ってますけれど
外から見たら日本って素晴らしい国なんだよ。
こんな国を作った日本人、みんな自信を持とうぜ。前を向いて歩いていこうじゃないか。
大事な事なので2回言いました。

  web拍手
ゴールデンスランバーゴールデンスランバー
(2007/11/29)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


仕事仲間の方に半年くらい前に「面白かったですよ~」と薦められ
読んでみた本の感想です。

何か一言、というならば
「中盤から急に面白くなる作品。
陰謀に嵌まり追い詰められて必死な様子が良い。」

という感じになるでしょうか。

第1章~第3章まで、「どこが面白いんだろう・・?」と思いながら読み進めましたが
第4章に入ったら、あとはノンストップ。ガンガン先を読みたくなる魅力がありました。

  web拍手
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。