たこさん's 雑記&日記

ゲームの話を中心に、日々思ったことなどを書き綴っています。モンスターハンターとPCゲーム(銀色シール付き)、ボードゲームの話がメイン。
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  web拍手
某友人U氏と噂しておりました、カルドセプトの最新版、買っちゃいました。

まだようやくシナリオ3戦終わらせて、オンライン対戦ができるようになったばかりの
ひよっこセプターですが、ちょっとずつ進めていければなぁ。

ちなみに、初期ブックは水風を選択。
以前のカルドセプトでもこれ選んでたので、
単純なパワーで押し切るタイプより、こっちのが好みなんだろうなぁ。

モノポリーやイタストにカードゲーム要素を加えたゲームで、
1試合がそこそこ時間かかるのは辛いといえば辛いですが、面白いです。
今回は相手の手札覚えなくてもいいのが、うれしいといえばうれしいかな。


  web拍手
3DSのカルドセプト、のんびりと始めておりまする。

というか、大分前から本当にちょっとずつやってる感じ。

現在、ストーリーモードで王様が開催したカルドセプト大会みたいなのに参加してるところですかねー
あとどれだけ先があるのか全然わかりませぬw

ブックは水の単色、足スペルちょっと大目な感じでやってますが
最初にクリーチャー撒いてくところで置いていかれるとかなりしんどい。
それが水クリーチャーの特色だからまあ仕方ないといえば仕方ない。
ケルピー先生が1枚だけ手に入ったので、CPU戦の生命線にさせてもらってますw

適当に撒く⇒みんなが通りそうなところをレベル上げて拠点化する
⇒けるぴー先生にバトンタッチで強制徴収の巻。
典型的なCPUハメの様相でございますw

踏ませたところで負けたくないので、アイテムは防御系大目で。

人と対戦できるところまで持って行きたいですが、なかなか道は遠そうだなー。
まだ1枚しかないカードとか持ってないカードとか多すぎるしw

試験対策もしなければですし、時間が足りないなぁ・・・(しみじみ

  web拍手
結構久々にU氏とカルドセプトDSのオンライン対戦をやらせてもらいました。

マップはDLマップの二心。
全国大会の勝者、かむいまるさんがデザインしたマップだそうです。
それほど広くは見えないけれど、周回ルートもいくつか考えられ、
転送円で不規則な動きをさせられたりと面白いマップでした。
ショップの品揃えも、
手札を叩くアーマースミス、手札の先を見るウィザードアイ、何かと便利なHW2,3
とそこそこ使い勝手のよいものがありましたね。

  web拍手
久々にカルドセプトDSのネタで。

wi-fiの通信対戦にてちょっとだけカルドセプトの対戦を遊びました。
そのとき相手が使ってきていたのが、タイトルにある「G・スパイダー」


G・スパイダーの能力
ST:10
HP:30
G:10
アイテム制限:巻物×
攻撃成功時、人獣竜のクリーチャーにマヒの状態異常をつける。


こんな感じで基本的には弱キャラなんですが、3種族対象のマヒがイヤ過ぎる。
隣につけられて移動侵略でマヒさせられたり、
こちらの領地を踏んでいった時に手札から侵略でマヒつけていったり、かなり活躍してました。
相手に先手を取られると、先制つけて駆除するか、
アイテムなどで完全に無効化 or 反射しないとマヒさせられて反撃不可ってのがきつい。
(マヒ対象種族以外なら安全に駆除できるんですが)
マヒさせられたら動かすか交換するか、何かで上書きするかしないと無防備状態だし。
そんなんでマヒさせられたのを動かしたり手札のクリーチャーと交換したり
あるいは手が出ないので諦めたり、色々面倒な戦いでした。

相手のデッキのコンセプトは、蜘蛛でマヒさせて、隣においたリバイアサンで侵略、
水土地増加だぜ~というのをやりたかったみたい。
なかなか上手くいっていませんでしたね。
こっちはコアティの獣(水・地)ブック。全部獣なんでクモのマヒ対象ばっかりで涙目w
アルマジロとかカーバンクルとかムジナとかを適当にばらまいて有利に。
デッキの要コアティもなんか知らんがばら撒かれていましたがw
拠点用候補のバロンが僻地でひとりぼっち&マヒ状態で放置になってしまったので
なぜかカーバンクルが拠点を守ってました。
今更ながら、マジボルとか来たらやばかったよなぁ。

スコア的にはラスト10ターンくらいの時点でこちら3000/相手2000Gくらいだったかな?
さて残りのターンでどうやってひっくり返してくるかなぁ・・と思った時点で通信切断。
カルド的にはここから終盤の駆け引きが面白くなるところなのでちと残念。
獣10匹以上ばらまいたコアティで侵略したろーと思ってたのにw

また暇ができたらやれるといいですな~
新たに誰か知人を洗脳できるともっと良いのですけど
かなり人を選ぶゲームだよなぁ。

  web拍手
カルドセプトDSの4人対戦、やってきた。
対戦者は友人U氏、その友人O氏+そのまた友人M氏。
4人も集まれたのは初めてなので面白かったですね。
1戦に結構時間がかかった(1時間半~2時間くらい)ので2戦しかできませんでしたが
機会があったらまたやりたいところです。

1.対戦@ゴザ
なんか私以外の3名が火ブックでかぶりまくり。火ブック3名と風ブック1名という形に。
火領地の奪い合いがなかなか大変そうでしたね。
O氏のブラストスフィア+ポールスターの周囲巻き添えで吹っ飛ばす自爆特攻にかき回された戦いでした。
2回、高額領地がブラストスフィアで吹っ飛ばされ、なおかつまだ手札にブラストスフィアがいたような・・。

「O氏に誰かの高額に突っ込まれたらその領地が飛ぶぞー!」

ってな状況がずっと続く戦いでした。ダイス振りのたびに心臓に悪い戦いだこと。
そういうときに限って、誰もリフォーム、スミスなどを引かないし。


100425-01_ゴザ対戦結果グラフ
赤=U氏、青=M氏、黄色=私、緑=O氏

21ラウンドで赤U氏の領地で1発目の自爆テロが炸裂⇒赤滑落

次のターン、緑O氏がD・ドア使用でそのままその領地にストップ、領地取得で浮上

25ラウンドあたりで黄色(私)の高額ジーニー領地のとなりで2発目自爆テロ炸裂。
私のセイレーン+隣のジーニーさんが吹っ飛び黄色も滑落。

直後になんとか高額(元ジーニーの土地)を自力で止まって取り戻し。

その頃、青のM氏の高額領地に緑O氏が突っ込んで大金支払い。
それを元手に青が突っ走って終了。


ポールスターを持たれると、巻物以外が通らないので倒しにくくて困る。
ブラストスフィアの素HPは50あるから、30巻物では強打つけても落とせないし・・・。
落とせるのはヘルブレイズ、フュージョンあたりくらいか?

隣まで巻き込んで自爆って、こえーな~。
隣の領地の所持者は何も抵抗する手段ないのが厳しい。
まぁ、上手くやらないとあまり自分の得にはならないようですが・・・
結局、緑のO氏は4位だったし。「人を呪わば穴二つ」てなとこでしょうか。


2.4人対戦@うし

私:風の先制ウィルスブック
U氏:水のラントラブック?
O氏:ドラゴンブック?妨害スペル多目
M氏:多分前回と同じ火ブック

なんか序盤、手札事故り気味の方が多かったな~。
私含め3名が序盤になかなかクリーチャーを置けずといった感じでした。
すんなりクリーチャー配置してったの、水のU氏だけだったような。


100425-02_うし対戦結果
赤=U氏、青=M氏、黄色=私、緑=O氏

最後数ターンの競り合いがすごい事になってました。
まずは赤のU氏が順調に目標金額達成、あとは城に帰るだけ
ただし、1と3を振ると黄色(私)のLv5土地が待っている状態。

ダイス出目は1。
私のセイレーンLv5土地を踏んで大金支払い、高額領地を売り払い。護符価値分もあり大幅墜落。

今度はU氏がセイレーンLv5かワイバーンLv5どちらか確定踏みのダイス目を出す。
ワイバーンを落とされて私が涙目状態。
これでM氏が目標金額へ到達、しかも城まであと2歩。

阻止できず終了。
目標金額へたどり着いてはつぶされ、それを踏み台にして目標金額にたどり着いたら
さらに叩き落され、と見事な争いぶりでした。
この、達成間近での妨害工作あたりがまた面白いんですよねぇ。


私の手札には早々にウィルスがいたので、風土地確保して
誰~も踏まないようなところにさっさと配置したかったのですが
移動侵略されそうな所だったり、地土地だったりでずっと置けずじまいだったのが残念。
序盤置けるクリーチャーが来なくて置き負けると、後々までその遅れが響くのが痛いなぁ。
結局東ゾーンで土地2箇所(風2連鎖)、西で3箇所(風2ほか1くらい?)しか置けてなかったような。
序盤はクリーチャーの種類、用途を問わずマナの余裕がある範囲でドンドン置いていくのがいいのか・・?


4人対戦だと、2人、3人の時以上にそれぞれの思惑が絡み合って
なかなか上手いこといかないものですね。
まぁ、その駆け引きが面白いゲームなんですけど。
相手の手札覚えたり、何をしようとしてるか考えたりで結構疲れるゲームだな~。
特に4人だと手札のキーカードとか覚えきれなくて困る。
一生懸命覚えようとしてたんですが、覚える端から抜けてってしまって大変でした。

  web拍手
ちょっとばかり風邪引き中。
最近暖かかったり寒かったり、気温の差が激しかったからそのせいかなぁ。


カルドセプトDSで対戦であそんでもらってきたので、それの感想などなど。
結局4戦やって2勝2敗。
大勝2回と大敗1回、いい勝負になった上での惜敗1回でした。


  web拍手
対人で少し遊ぶ機会があり、先日紹介した風メイン先制ブックで2戦ほど遊んでみた。

1.風先制ブック vs たぶん火のライフォブック。@アイアンハート

東側のN砦へ行く途中にバアルのLv3↑土地を2個ほど作られて
そちらには行きづらい状況に。
S砦はもっぱら内周のところを使い、N砦は中盤からは西側へ行ってました。
このマップは色々と周回ルートを考えられるから面白いですね。
「敵の高額領地?そんなの近寄らなければいいのさ。」が実践しやすいマップ。

最初は東側で連鎖組み→途中から西ルートを使うようになって西にも連鎖が。
中盤からずっと手札にかかえたランドトランスで内周の土地を転がして逃げ切らせてもらいました。
相手が途中からずっとライフォかかってて、敵にかけられるようなスペルも回ってこないので
解除できん・・・まずいなぁと思ってたのですが、
あちらからすると、こちらをスペルで妨害できなくて困ってたらしい。
ライフォも良し悪しなんですねぇ。

召還に要生贄、戦うごとに使用者の手札1枚捨てという、手札に優しくないバアルさんですが
早々に土地Lvを上げて、踏みづらくしてしまえば先制ST50、HP50+地形効果というとても崩しづらい拠点に。
Lv1~2土地ならまだしも、相手の手札減らす為にわざわざLv3の土地を踏みに行くなんてできないもんなぁ・・。
癖のあるクリーチャーも使い方次第なんだなと思わされた一幕でした。

100403_対戦@アイアンハート
結果グラフを載せてみた。赤が私。
4500G前後から4連鎖のLv5土地をラントラ→Getした2300Gを5連鎖の土地2つに投資。
結果、4500G→7100Gというとんでもない伸びになってますね~。
直前では微妙に負けてたからラントラ様々。


2.風先制ブック vs 火の猿ブック? @スネフ

いいタイミングでHWとかヘイストが来てくれたので、
相手の高額アシュラの土地を終始回避できたのが大きいかな。
西側の風土地2つ+水→風に地変した土地2つで固まって連鎖を取れたので
そこで200↑の通行料2回いただけたのも大きかった。

せっかくかけたマジックダイスをほこら効果でかき消されたり、と
とにかく相手がついていなかった印象でした。

というわけで、2回とも勝たせて頂いたのですが、、次のリベンジが怖いのぉ。

ブックのコンセプトは上手く動いてたのかどうかよく分からん。
活躍したのはシムルグ、セイレーン、ベルゼブブ、ウィルスの応援あたりっぽいから
普通の風ブック?と見えなくもない。
ガチガチのコンセプトブックというわけじゃないし、こんなもんですかねぇ。

  web拍手
先日の記事に関連して、先日使ったブックを試しに公開してみるテスト。


1.キノコ増殖ブック

キノコ兎ブック

ダゴンとマッドクラウンでマイコロンを強化して、増殖させるブックです。
どこかの方がネットで公開していたキノコブックをほんのりアレンジしただけなんですけどね~(汗
ついでにヌエも置いて、素ST50までの侵略にマイコロンが耐えられる仕様。

土地コストなし枚数が少ないので、事故ると怖いな~と思ってはいたが
あそこまで見事に事故るとは思いませんでしたヨ。いい教訓になったさ~


2.風先制ブック

風先制ブック

先制&ST高のクリーチャーって殴りに行きづらいよなぁ・・・
→じゃぁ、先制ばっかりで揃えたら侵略防止の効果が期待できるか?
というところから組んでみたブック。
風の4王、ベルゼブブ様にもご登場いただき、ST強化をしてみる。
ウィルスはちょっとしたオマケ風味。お互いのHPを下げて先に殴ったもの勝ちを更に促進。

先制ブックといいながら、なぜか全くコンセプトに関係ないシムルグ君がいたりしますが
今までの風ブックのクセでどうしても外せないだけでござるw
風は先制クリーチャー多いけど、使い勝手良さそうな子は土地コスト持ちが多いんですよねぇ。
クリーチャー20枚中、土地コスト8枚は多い気がするなぁ・・・。でもこれ以上削れんw
ペガサス、エルフあたりも使いたかったのですが、土地コストの関係であえなく断念。



画像はKinary&May様で公開してた、CuldceptMakeBookを使って作成。

カルドセプトDS用ブック構成画像作成ツール
下のコメントの方に再アップのURLが書いてます。

Flashでこんなツールも作れるんですねぇ。すごいな~と素直に感心してしまいます。
公開する際、テキストで全部一つずつ打っていくのも悪くはないけど、
後で見たときの見栄えがイマイチなんでねぇ・・・。
こういうツールは非常にありがたいのです。

  web拍手
wi-fi接続経由でいつも遊んでくれる某氏と、カルドセプトDSの対戦やりました。
接続断もなく、とりあえず普通に遊べましたね。
ボイスチャットも一応使えてよかったよかった。

  web拍手
相変わらずのカルドセプトDSネタ。
ちょっと編集しなおした水ブックの慣らし運転のCPU戦での一幕。

----------------------
総魔力:4300G前後
所持魔力:652G
マップ:ゴザ、東側の水土地で計5連鎖形成。
状況:自分のLv4土地を通り過ぎて、敵さんのLv1土地を踏んだところ。
Lv4土地のレベルアップに必要な魔力=640G
Lv1土地での支払い=16G
----------------------

土地Lv上げると微妙に魔力足りずに土地売りになるな~どうしよ?ってなところで。

・・・上げて売れば天然ラントラの完成か?とふと気づいて実行。
Lv5土地完成直後に売却。 土地守のネッシーたんサヨナラ~ノシ
--------------------
総魔力:ほぼ変わらず
手持ち魔力:2400Gほど
-------------------

で、次のターンのドローがリコール。
「これは、城に帰って土地につぎ込めというお告げか?」
ということで、素直にリコールで戻り4連鎖の一つをLv5に。
ついでに2ターン後にはもう一つの土地もLv4に。

⇒総魔力が一気に6000G程度へ。

天然ラントラ戦略完成~。
他2名の魔力が3000~4000前後のところ、一人だけ飛びぬけた形に。
さすがに余裕で勝たせてもらいましたさ。

ラントラがきれいに決まったのを初めて体験しましたが、これほど強力だとは。
一気に2000Gも増えたら、周囲は追いつけませんね。
どっかの攻略ページで言っていた
「4:ラントラは2000~4000Gゲットできるスーパーカード!!」
このセリフにもちょっと納得。
某氏がよくランドトランスを手札に入れてる気持ちがちょっと分かった気がします。


ただ、ランドトランス直後にドレインマジック引かれたときの絶望感もハンパなさそうですねぇ。

  web拍手
カルドセプトDSのワイヤレス対戦で、3人対戦で遊んできました。
遊んでくれた方々には感謝。

やはり2人の時より手札等の見落としが増えますねぇ~。
気を張ってないと手の中のアイテムとか忘れてしまって
攻めてよいものかどうか判別がつかなくなること多々。

一番面白かったのは2名無属性&モスマンブック、一人が火メインの猿ブックの時。
マップはダウンロードマップの牛。護符ありマップ。

↓結果がこんな感じ。
100228_カルド対戦結果画像-2


打ち合わせもしてないのに、私(青)ともう一人(黄色)の二人が
モスマンブックでかぶり、残りのお一人(赤)が大変なことに。
中盤以降モスマンがかなり大変なことになってたので、赤の人がたまらず森へ逃げ込む。
護符と数少ない(3~4箇所くらいだったか?)地土地でなんとか稼いでいる形。
あとはモスマン2名で協力したりつぶしあいしたり、という形。

赤の人のトップを阻止しようとして失敗したチャレンジが、あとでHP削減分が効いてきたり
高額領地を奪い取ったモスマンの横にモスマンを投下され、あわや移動侵略で殺されるってところで
1手違いでギリギリ別土地に配置されていたデコイの配置換えが間に合ったり
色々と見所のある試合でした。
とりあえず、ランドプロテクトやファンタズムのかかったアンシーン、デコイは
とても嫌な存在だということがよく分かった。

赤の人が走るきっかけになったのって、そもそも地土地にモスマンが入れないのを見落とした
私のミスだったような気がしますけどね~。
どうも時々そういう基本的なところを忘れて突っ込む癖が・・・。

あと2戦はどうも全般的にはいいとこなしな感じでした。
風土地5押さえたデュラハンがトップの逃げ切りを防いだり
見所はあってよかったんですが、肝心の自分の魔力が全然足りない、てなところで。
割り切ってトップの妨害に集中してたなぁ。
やはりいつの時代も試合終盤の暫定トップは集中してたたきつぶされるものですねぇ。


使ってみた感じ、やはり水か風の属性ブックが好みですね。
基本的なバランスブックしかないから、もう少し色々弄る余地がありそうですが・・・
捨てるものがなくて困るなぁ。

  web拍手
カルドセプトDSネタ。

無属性のデッキなど作ってみた。
というよりは、モスマンが強いよ~と聞いてそれを中心に組んだという感じだが。

使ってみた感想(対CPU戦)。

・やはり無属性デッキは守りがちょっときつい。
 地形効果を得られないってのは結構厳しいですな~
・応援+20を安全にキープできるなら、シーフあたりが割と守りに使えそう。
 Hp60のアイテム奪取はなかなか凶悪なことになりそう。
・やはり青天井タイプは型にはまると強い。
 モスマンはST+に加えて先制だから、vsデュラハンの時のように
 防御側が先制アタックで落とすという事も難しい。
 ST20+110&先制とか、どう対処すればいいのさ。
 反射か無効化くらいしか対策が見つからないような気が。


という感じで、撒いたクリーチャーが上手く生き延びてさえくれれば ←これが難しそうですが
モスマンが暴れ放題にできそうだ。
2戦ほど使ってみたが、分岐なしマップ(狭い)ではやはり無属性クリーチャーでは守りきれない。
もう一戦は、上手いこと撒いた子たちが生き残ったので
モスマン先生が敵の領地を踏み荒らし放題。いやぁこれは爽快だ。
こちらから侵略すれば、攻撃側+先制で先手確定なのがありがたい。


モスマン、風クリーチャーなのに無属性の申し子のようですねぇ。

  web拍手
カルドセプトDSのワイヤレス対戦で遊んできますた。

使ったのはちょっとだけ対戦用にアレンジした地、水、風の各ブック。
対戦用って言っても、リフォームを組み込んで
シャッター等の手札破壊を気持ち多めに積んだくらいですが。

40ターン制限で最後近くまで数百マナ程度の僅差の勝負になったり(水ブック@スネフ)
風ブックの長所(所持土地数で攻撃力やHPが上がる)を上手く生かせて勝てたり(風ブック@ナバト)
パウダーをつぶそうとするがドリアードが風土地に入れず泣きを見たり(地ブック@DLの牛マップ)
今回もなかなか楽しかったとです。

土地数で能力が変わる子たちは、広めのマップだと本領を発揮して手が付けられなくなりますねぇ。
デュラハンのSTが120とか出てた気がするよ・・・?
ってことは、シムルグのHPも120+地形効果分か・・・即死でもないと難攻不落だなww

あとは、クリーチャーが20枚前後になってるので序盤で手札事故ると痛いわ~。
対人だと特にスペルを色々詰めたいからクリーチャーの枚数が増やせないんですよね。
まぁ多少枠が増えたところでスペルの選択はやはり悩むわけですが・・・・
どれも入れたくなるので困る。
足系、地変、手札破壊、直接攻撃スペル、敵の妨害etc...
やはりスペルの選択はいつも悩むな~。


前回、今回ともにタイマン勝負だったので、3人プレイとかもやれるといいなぁ。

  web拍手
私にこのゲームをオススメした方とカルドセプトDSのワイヤレス対戦で遊んできました。

もっとボコボコにされるかな~と思いつつチャレンジしたのですが
割といい勝負になって面白かった。
まぁ、凶悪なスペルなどは封印していただいてたようで
そういう意味で加減はしていただいたみたい。
そのあたりが出てきてたらまた違ったのかもしれない。

移動侵略をよく使ってきたり、バトルは要所要所に挟むくらいだったりと
CPU対戦とは感覚が違ってきますね。
そのあたりのノウハウがまだ自分には足りない感じでしょうか。

面白かったのでまたやりたいですねぇ。

  web拍手
カルドセプトDSのストーリーモード、ベルカイル、バルテアスを撃破。攻略完了なのです。

・ベルカイル戦
なんだか今回は札の引きが良かったみたい。
今までにない伸びで残り二人を引き離してクリア。
と思ってたんだけれど、終了後グラフを見ると単に残り二人の伸びが悪かっただけかも。

イビルブラストが敵の手札に出てくるから、HP30以下のキャラは拠点にするのがちと怖いですねぇ。
風ブックで挑戦したのですが、拠点候補がHP30のやつが多いから怖いな。
シムルグ、セイレーン、グレムリン、みんな素のHPは30なんだよなぁ。
そういう意味で安心できるのはジーニーさんくらい。

ベルカイル戦、結果分析グラフ
こんな感じで、敵2名が2000~3000Gで停滞してくれたおかげの勝利。


・バルテアス戦
パーミッションが手に入ったので、それを軸に水ブックを新規作成。
そのブックで挑みました。
新規導入したケルピー先生 on 高額領地が最後に大暴れ。
西側塔への道をふさぐ形で配置したので、敵が二人とも塔に行けずフラフラ。
かと思えば、その手前のマスまで行ける出目が出たら突撃してくるし・・・
COMの思考回路はやっぱり謎。
突っ込んできた二人から2000G前後せしめてクリア。
HP30+地形効果50だとちょっと不安なので水盾2を手札に積んであったのだが
結局二人とも戦いを挑んで来なかったなぁ。

バルテアス戦の結果
40Rあたりからの停滞は、ケルピー先生のとおせんぼが始まったあたり。
最後のグラフ急変動はもちろん、足止め&通行税搾取です。

パーミッションを4積みしたのですが、結構役に立ってくれました。
いいところで引けば周回の1/4だけで一周にできるこのスペルはこのマップでは優れもの。
1枚ダブって捨てたが、それでも3周はショートカットさせてもらえた計算になる。



ストーリーモードがひと段落ついたから次はどうしようかなぁと言ったところ。
まだ枚数1のカードが結構あるので集めにいくのが妥当かな。

  web拍手
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。